観光モデルルートWelcome港区

ジョギング&スポーツ施設でいい汗流そう!

観光ルート

  1. カップルにおすすめのスポット
  2. ファミリーにおすすめのスポット
  3. アクティブシニアにおすすめのスポット
  4. おひとりさまにおすすめのスポット

観光情報メールマガジン 「Welcome港区」 配信中!

メールマガジンの登録はこちら

この内容は、毎週木曜日にメールマガジンで配信しています。 お役立ち情報が満載!購読は無料です。まだ登録されていない方は今すぐコチラから!

【3】アクティブシニアにおすすめのスポット

次は、【港区スポーツセンター】へと向かいましょう。港区在住者、在勤者はもちろん、一般の方も利用可能な【港区スポーツセンター】。多くの設備があり、さまざまなスポーツを楽しむことができるので、ぜひ利用してみましょう。

【交通案内】
@【ランナーズサロン LOVESPO TOKYO】:都営大江戸線「赤羽橋」駅赤羽橋口より徒歩5分/東京メトロ日比谷線「神谷町」駅1出口より徒歩7分/都営三田線「御成門」駅A1出口より徒歩6分/都営浅草線「大門」駅A6出口より徒歩10分/JR線「浜松町」駅北口より徒歩15分
A【東京タワー】:都営大江戸線「赤羽橋」駅赤羽橋口より徒歩5分/東京メトロ日比谷線「神谷町」駅1出口より徒歩7分/都営三田線「御成門」駅A1出口より徒歩6分/都営浅草線「大門」駅A6出口より徒歩10分/JR線「浜松町」駅北口より徒歩15分
B【港区スポーツセンター】:JR線「田町」駅東口より徒歩3分
C【レインボープロムナード】:新交通ゆりかもめ「芝浦ふ頭」駅より徒歩5分/新交通ゆりかもめ「お台場海浜公園」駅より徒歩10分

ベストセレクトスポット
港区スポーツセンター

さまざまな設備でスポーツを楽しめる

港区在住者、在勤者はもちろん、一般の方も利用可能な【港区スポーツセンター】。ランニングマシンやクランチベンチなどのマシンを備えたトレーニングパーク(ジム)、大小のプールのほか、柔道場、弓道場から相撲場、ランニングコースなど、多くの設備があり、さまざまなスポーツを楽しむことができます。
トレーニングパークでは、体力テストを受けた方にトレーニングメニュー作成、トレーニング指導をしています。体力、体調に合ったメニューを作成してくれるので、どういう運動をすればいいのかわからない方は、相談してみましょう。レッスンや講習会も多く行われているので、興味のあるスポーツがあったらどんどんトライしてみてください。
(写真提供:港区スポーツセンター)


  • 田町駅から徒歩3分、三田駅から6分と便利な立地

  • 各種トレーニングマシンがあるトレーニングパーク

  • 開放感あふれるプールには、ジャグジーもある

※上記写真をクリックすると大きな写真が見れます。

インフォメーション

港区スポーツセンター
所在地 港区芝浦3-1-19
交通 JR線「田町」駅東口より徒歩3分
ホームページ www.minato-sports.jp
TEL 03-3452-4151

周辺立ち寄りスポット
新芝運河沿緑地

ゆったりと水辺の散歩を楽しめる

散歩やジョギングコース、ランチタイムの休憩などに利用されている【新芝運河沿緑地】。泉岳寺駅界隈から田町駅界隈へ向かって延びる運河沿いを指します。この辺りでは、室町時代には芝の海岸という意味で「芝の浦」と呼ばれ、江戸時代には漁業が盛んに、そして、明治時代に入ると温泉旅館が軒を連ねとてもにぎわっていたといいます。後に埋め立てによって自然環境が失われましたが、運河沿いに緑地や遊歩道が整備され、人々の憩いの場として生まれ変わりました。できるだけ水に親しめるようにと、護岸を低くしているのも特徴です。
橋も多く、遊歩道には、健康遊具があったり、ガス灯やベンチがあったり、さまざまな表情をもっている場所です。水辺を走るのも気持ちがいいですが、ゆったり散歩をするのもおすすめですよ。


  • 「藻塩橋」をくぐって進もう。橋名は廻国雑記の歌「かやぬよりもしほの煙名にぞたつ船にこりつむ芝の浦人」から取ったという説も

  • 遊歩道にはたくさんの草花も植えられている

  • 船の形をしたベンチがあるユニークな「新芝橋」の下を通過

※上記写真をクリックすると大きな写真が見れます。

インフォメーション

新芝運河沿緑地
所在地 港区芝浦1〜3丁目
交通 JR線「田町」駅港南口より徒歩約10分

道中路地裏プチコラム
札の辻

江戸時代に高札場が設けられ布告法令などが掲示された場所

田町駅からほど近い、第一京浜沿いにある交差点。江戸時代のはじめ、この場所に高札場が設けられ、布告法令などが掲示されたため、「札の辻」と呼ばれるようになりました。天和3(1683)年に、高札場は南方の高輪に移され、ここは「元辻の札」と呼ばれるようになりましたが、明治維新後「元」を略し、再び「札の辻」と呼ばれています。

  • 「札の辻」と周辺地域の旧町名の由来が説明されている

※上記写真をクリックすると大きな写真が見れます。

ページの先頭へ戻る

Welcome港区TOPへ