観光モデルルートWelcome港区

夏休み〜企業系施設&学べる施設でお勉強〜

観光ルート

  1. アクティブシニアにおすすめのスポット
  2. カップルにおすすめのスポット
  3. ファミリーにおすすめのスポット
  4. おひとりさまにおすすめのスポット
  5. 修学旅行生のおすすめのスポット

観光情報メールマガジン 「Welcome港区」 配信中!

メールマガジンの登録はこちら

この内容は、毎週木曜日にメールマガジンで配信しています。 お役立ち情報が満載!購読は無料です。まだ登録されていない方は今すぐコチラから!

【4】修学旅行生におすすめのスポット

最後に、【ソニー・エクスプローラサイエンス】へと向かいましょう。映像などのエンタテインメント技術に応用されている最新の科学と原理のつながりを、光と音の認識から再生までのストーリーとして感じることができる体験型の科学館です。

【交通案内】
@【味の素食の文化センター】:都営浅草線「高輪台」駅より徒歩3分/JR線「品川」駅高輪口より徒歩15分
A【ユニセフハウス】:JR線・京浜急行・都営浅草線「品川」駅より徒歩7分/都営浅草線「高輪台」駅より徒歩7分
B【先端技術館@TEPIA】:東京メトロ銀座線「外苑前」駅3番出口より徒歩4分
C【伊勢半本店 紅ミュージアム】:東京メトロ銀座線・千代田線・半蔵門線「表参道」駅B1出口より徒歩12分
D【ソニー・エクスプローラサイエンス】新交通ゆりかもめ「お台場海浜公園」より徒歩3分/新交通ゆりかもめ「台場」駅より徒歩2分/りんかい線「東京テレポート」駅より徒歩5分

ベストセレクトスポット
ソニー・エクスプローラサイエンス

最新の科学と原理のつながりを学ぶ

お台場メディアージュにある、ソニーの科学館【ソニー・エクスプローラサイエンス】。館内は、4つのゾーンで展開されています。音をテーマにした「サウンドゾーン」。自分の声を加工したり、さまざまな音に触れ、その楽しさを発見しましょう。光をテーマにした「ライトゾーン」。視覚の不思議や画像認識技術を応用した映像体験を楽しめます。3D映像やハイビジョンによる映像を楽しめる「シアター&ワークショップゾーン」。映像を楽しむ「インフォメーション&エンタテインメントゾーン」。また、楽しく最新の科学を体験できるオリジナルの企画展を開催するスペース、「STUDIO SES」での体験も楽しめます。さまざまな体験を通じて、アタマにもカラダにも刺激を受けながら楽しく学べるスポットで、お子さまも楽しめること間違いなしです。2歳以下のお子さまは無料で入場できます。
(写真提供:ソニー・エクスプローラサイエンス)


  • カラフルなエントランスにワクワクさせられる

  • 影絵で作った動物がCGで現れるホロウォール テーブル

  • 画面上のパペット(キャラクター)がリアルタイムに自分と同じ動きをする
    モーション キャプチャー パペット

※上記写真をクリックすると大きな写真が見れます。

インフォメーション

ソニー・エクスプローラサイエンス
所在地 港区台場1-7-1 メディアージュ5F
交通 新交通ゆりかもめ「お台場海浜公園」より徒歩3分/新交通ゆりかもめ「台場」駅より徒歩2分/りんかい線「東京テレポート」駅より徒歩5分
ホームページ http://www.sonyexplorascience.jp/
TEL 03-5531-2186

周辺立ち寄りスポット
デックス東京ビーチのデッキ

東京タワーとスカイツリーを一度に楽しめる

ショッピングやグルメが楽しめるデックス東京のデッキからの、見晴らしは抜群。東京湾の景色を一望できるおすすめスポットです。左方向にはレインボーブリッジが、右方向のはるか先には、スカイツリーの姿を見ることもできるので、探してみましょう。この2つが同じフレーム内に眺められる場所はなかなかありません。デッキをしばらく歩くと、お台場海浜公園への入口であるマリンハウスもあります。


  • 東京湾の景色が楽しめるお台場の海岸

※上記写真をクリックすると大きな写真が見れます。

インフォメーション

デックス東京ビーチのデッキ
交通 新交通ゆりかもめ「お台場海浜公園」駅より徒歩2分/りんかい線「東京テレポート」駅より徒歩5分

道中路地裏プチコラム
自由の女神像

日本にいながらして自由の女神を拝める

この「自由の女神像」は、1998〜1999年の「日本におけるフランス年」を記念し、パリのセーヌ川に立つ「自由の女神像」を移築したところ、日仏友好のシンボルとして愛され、復刻像の再建を望む声が強まったため、2000年に建てられました。東京散策の想い出として、像をバックに記念撮影をしましょう。

  • 凛と建つ「自由の女神像」に感動!

※上記写真をクリックすると大きな写真が見れます。

ページの先頭へ戻る

Welcome港区TOPへ