観光モデルルートWelcome港区

夏休み〜企業系施設&学べる施設でお勉強〜

観光ルート

  1. アクティブシニアにおすすめのスポット
  2. カップルにおすすめのスポット
  3. ファミリーにおすすめのスポット
  4. おひとりさまにおすすめのスポット
  5. 修学旅行生のおすすめのスポット

観光情報メールマガジン 「Welcome港区」 配信中!

メールマガジンの登録はこちら

この内容は、毎週木曜日にメールマガジンで配信しています。 お役立ち情報が満載!購読は無料です。まだ登録されていない方は今すぐコチラから!

【1】アクティブシニアにおすすめのスポット

まずは、【味の素食の文化センター】へと向かってみましょう。【味の素食の文化センター】は、食文化を学べる施設。食文化やその周辺分野の書籍を所蔵した図書館や展示室があり、無料でご利用いただけます。開館時間は午前10時〜午後5時。日祭日は休館となります。

【交通案内】
@【味の素食の文化センター】:都営浅草線「高輪台」駅より徒歩3分/JR線「品川」駅高輪口より徒歩15分
A【ユニセフハウス】:JR線・京浜急行・都営浅草線「品川」駅より徒歩7分/都営浅草線「高輪台」駅より徒歩7分
B【先端技術館@TEPIA】:東京メトロ銀座線「外苑前」駅3番出口より徒歩4分
C【伊勢半本店 紅ミュージアム】:東京メトロ銀座線・千代田線・半蔵門線「表参道」駅B1出口より徒歩12分
D【ソニー・エクスプローラサイエンス】新交通ゆりかもめ「お台場海浜公園」より徒歩3分/新交通ゆりかもめ「台場」駅より徒歩2分/りんかい線「東京テレポート」駅より徒歩5分

ベストセレクトスポット
味の素食の文化センター

私たちの最も身近な「食」を学べる施設

1階の「食の文化ライブラリー」では、食に関する書籍をはじめ、学術論文、雑誌、また、貴重書(江戸から昭和戦後期まで/貸出不可)など、約4万册を所蔵。閲覧はもちろん、無料で貸し出しも行っています(要メンバー登録)。また、書籍や雑誌以外にも、映像資料も約300本所蔵しており、館内での視聴が可能です。2階の「食文化展示室」の常設展示では、錦絵や江戸の料理書に基づく再現料理のレプリカなどを用いて、江戸時代の食文化を紹介しています。年に1度、さまざまなテーマの企画展示への入替えがあります。また、「食文化展示室」に隣接し、味の素グループの100年にわたる歴史を映像や展示物で楽しく学べる「食とくらしの小さな博物館」もあるので、ぜひ立ち寄ってみましょう。


  • 年間約1000册を購入している

  • 水売りをする八代目市川団十郎を描いた錦絵

  • 江戸時代の幕の内弁当の再現レプリカ

※上記写真をクリックすると大きな写真が見れます。

インフォメーション

味の素食の文化センター
所在地 港区高輪3-13-65 味の素グループ高輪研修センター内
交通 都営浅草線「高輪台」駅より徒歩3分/JR線「品川」駅高輪口より徒歩15分
ホームページ http://www.syokubunka.or.jp/
TEL 03-5488-7319(食の文化ライブラリー)

周辺立ち寄りスポット
区立エコプラザ

地球環境について考える学習施設

環境に関する情報提供、学習、交流ができる【区立エコプラザ】。「低炭素社会」「自然共生型社会」「循環型社会」の3つのキーワードをテーマに、自分たちの住む街の環境から地球規模での環境について関心を持ち、考え、行動することを目的とした環境学習施設です。環境に関する展示やワークショップ、イベント、映画上映会なども実施しています。現在は、港区で事業展開されている「みなと環境にやさしい事業者会議」(略称mecc)と、港区と全国の森林資源を豊富に持つ市町村による会議体「みなと森と水ネットワーク会議」(略称uni4m)の理念や活動をご紹介する展示を2013年10月から2014年3月まで、月替わりで開催しています。また、天井、床、壁には、港区が森林整備を実施しているあきる野市「みなと区民の森」のスギやヒノキの「間伐材(かんばつざい)」を使用し、建物自体からも環境について学ぶことができるようになっています。 (写真提供:区立エコプラザ)


  • 外灯は、風力と太陽光を利用したハイブリッド発電

  • 机やイスにも間伐材を使用。木のぬくもりを感じながら学習できる

  • 企業や地方自治体が港区と協働して行っている環境活動の紹介も

※上記写真をクリックすると大きな写真が見れます。

インフォメーション

区立エコプラザ
所在地 港区浜松町1-13-1
交通 JR線「浜松町」駅北口より徒歩4分/都営浅草線「大門」駅B1出口より徒歩3分
ホームページ http://minato-ecoplaza.net/
TEL 03-5404-7764

道中路地裏プチコラム
グランドプリンスホテル高輪 貴賓館

明治時代の華やかな雰囲気を伝える建物

グランドプリンスホテル高輪の隣に佇む貴賓館。鹿鳴館やニコライ堂などの設計者ジョサイア・コンドルの弟子、片山東熊(かたやま とうくま)の設計によるもので、明治43(1910)年に建てられました。その重厚感ある佇まいは、まるで舞踏会が今にも開かれそうな当時の華やかな雰囲気が連想され、まるでタイムスリップしたかのような気持ちにさせられます。こんな建物にふっと出合えるのも散策の醍醐味ですね。

  • 当時は住宅として使われていたが、現在はグランドプリンスホテル高輪の宴会場として、結婚式やパーティーなどが行なわれている

※上記写真をクリックすると大きな写真が見れます。

ページの先頭へ戻る

Welcome港区TOPへ