観光モデルルートWelcome港区

情報発信基地・港区!テレビ局巡り

観光ルート

  1. カップルにおすすめのスポット
  2. アクティブシニアにおすすめのスポット
  3. ファミリーにおすすめのスポット
  4. おひとりさまにおすすめのスポット

観光情報メールマガジン 「Welcome港区」 配信中!

メールマガジンの登録はこちら

この内容は、毎週木曜日にメールマガジンで配信しています。 お役立ち情報が満載!購読は無料です。まだ登録されていない方は今すぐコチラから!

【3】ファミリーにおすすめのスポット

次は、【日本テレビ】へと向かいましょう。【日本テレビ】は、駅構内直結で商業施設があり、駅チカで楽しめるので、子供連れでも何かと便利な汐留エリアに位置します。かわいらしい「ダベア」のキャラクターやからくり時計など、子供たちが喜びそうなスポットもあります。

【交通案内】
@【フジテレビ】:新交通ゆりかもめ「台場」駅より3分/りんかい線「東京テレポート」駅より5分
A【TBS放送センター】:東京メトロ千代田線「赤坂」駅より徒歩1分/東京メトロ丸ノ内線・銀座線「赤坂見附」駅ベルビー赤坂方面出口より徒歩9分
B【日本テレビ】:東京メトロ銀座線「新橋」駅より徒歩2分/都営浅草線「新橋」駅より徒歩1分/都営大江戸線「汐留」駅より徒歩2分/ゆりかもめ「汐留」駅より徒歩1分/JR線「新橋」駅より徒歩3分
C【テレビ朝日】:東京メトロ日比谷線「六本木」駅より徒歩5分/都営大江戸線「六本木」駅より徒歩6分/都営大江戸線「麻布十番」駅より徒歩5分/東京メトロ南北線「麻布十番駅」より徒歩7分

ベストセレクトスポット
日本テレビ

キャラクター「ダベア」に子供も喜ぶ

都内の名だたる企業が集まる汐留「シオサイト」内にあるテレビ局が【日本テレビ】です。 メタリックな高層ビルが林立する大人の街、汐留界隈で子供が喜ぶ遊び場として人気のスポットといえます。日テレタワーの地下2階から地上2階まであるカフェ・レストランやショップは、一般客の利用もOK!子供と一緒にショッピングを楽しむなら2013年6月にリニューアルしたばかりの番組関連グッズショップ「日テレ屋」(B1F・B2F)がおすすめです。日テレキャラクターの「ダベア」をはじめ、「世界の果てまでイッテQ」や「笑点」「そらジロー」など人気キャラグッズが勢揃い!毎月新商品が登場し、汐留店でしか買えないレアグッズもあるので、要チェックです。(写真提供:日本テレビ)


  • 空高くそびえる日テレタワー

  • 世界最大級のからくり時計「宮崎駿デザインの日テレ大時計」

※上記写真をクリックすると大きな写真が見れます。

インフォメーション

日本テレビ
所在地 港区東新橋1-6-1
交通 東京メトロ銀座線「新橋」駅より徒歩2分/都営浅草線「新橋」駅より徒歩1分/都営大江戸線「汐留」駅より徒歩2分/ゆりかもめ「汐留」駅より徒歩1分/JR線「新橋」駅より徒歩3分
ホームページ http://www.ntv.co.jp/
TEL 03-6215-4444

周辺立ち寄りスポット
カレッタ汐留

「スローライフ」をコンセプトに造られた施設

ビジネスの街、新橋・汐留界隈で【カレッタ汐留】は、家族でゆったり過ごすのにもってこいの複合施設です。大きく4つのゾーンに分かれ、なかでも、ファミリーにおすすめなのはB2Fの屋外広場「カレッタプラザ」や各階にあるカフェやレストラン。家族みんなで座って休めるスポットがあるのでゆっくりと楽しむことができます。また、土日の汐留界隈は、ビジネスマンが少ない分、小さな子ども連れでものんびり、ゆったり過ごすことができます。
(写真提供:カレッタ汐留)


  • B2Fからノンストップエレベーターで行ける46Fの展望スペース

  • 夜も素敵な【カレッタ汐留】

※上記写真をクリックすると大きな写真が見れます。

インフォメーション

カレッタ汐留
所在地 港区東新橋1-8-2
交通 JR線「新橋」駅より徒歩4分/都営大江戸線「汐留」駅より徒歩1分/都営浅草線「新橋」駅より徒歩3分/東京メトロ銀座線「新橋」駅より徒歩5分/新交通ゆりかもめ「汐留」駅より徒歩2分
ホームページ http://www.caretta.jp/
TEL 03-6218-2100

道中路地裏プチコラム
日比谷神社

“鯖稲荷”の名前でも親しまれる

かつて神社が日比谷公園内にあった時代、全国の苦しむ旅人たちのために社務所を開放し、無病息災祈願をさしあげたところ、続々と霊験があらわれ、“旅泊(さば)稲荷”と呼ばれるように。その後、新橋に遷ってからは、鯖断ちをして、祈願してもらうと虫歯や虫封じの霊験があるといわれ、魚のサバの字をあてて“鯖稲荷”と呼ばれるようになったそうです。このような歴史にまつわる話を子供にしながら参拝してみるのもいいですね。

  • 立派な朱色の鳥居がお出迎え
  • 手水舎での作法など、神社参拝のルールとマナーを子供に教えてあげよう

※上記写真をクリックすると大きな写真が見れます。

ページの先頭へ戻る

Welcome港区TOPへ