観光モデルルートWelcome港区

情報発信基地・港区!テレビ局巡り

観光ルート

  1. カップルにおすすめのスポット
  2. アクティブシニアにおすすめのスポット
  3. ファミリーにおすすめのスポット
  4. おひとりさまにおすすめのスポット

観光情報メールマガジン 「Welcome港区」 配信中!

メールマガジンの登録はこちら

この内容は、毎週木曜日にメールマガジンで配信しています。 お役立ち情報が満載!購読は無料です。まだ登録されていない方は今すぐコチラから!

【2】アクティブシニアにおすすめのスポット

次は、【TBS放送センター】に行ってみましょう。【TBS放送センター】は、老舗和菓子店や、大小さまざまな坂などがあり、アクティブシニアの方が散策を楽しめるエリア、赤坂エリアに位置します。散策中、必ずといっていいほど坂に出くわすこのエリアは、その坂の由来などを勉強しつつ、歴史に思いを馳せて歩くにはいいルートですよ。

【交通案内】
@【フジテレビ】:新交通ゆりかもめ「台場」駅より3分/りんかい線「東京テレポート」駅より5分
A【TBS放送センター】:東京メトロ千代田線「赤坂」駅より徒歩1分/東京メトロ丸ノ内線・銀座線「赤坂見附」駅ベルビー赤坂方面出口より徒歩9分
B【日本テレビ】:東京メトロ銀座線「新橋」駅より徒歩2分/都営浅草線「新橋」駅より徒歩1分/都営大江戸線「汐留」駅より徒歩2分/ゆりかもめ「汐留」駅より徒歩1分/JR線「新橋」駅より徒歩3分
C【テレビ朝日】:東京メトロ日比谷線「六本木」駅より徒歩5分/都営大江戸線「六本木」駅より徒歩6分/都営大江戸線「麻布十番」駅より徒歩5分/東京メトロ南北線「麻布十番駅」より徒歩7分

ベストセレクトスポット
TBS放送センター

複合施設「赤坂サカス」の中に位置する

屋上のパラボラデッキが、帽子をかぶっているように見えることから「ビッグハット」の愛称で知られる【TBS放送センター】。このあたりは坂が多いこともあり、付近の場所から、この「帽子」の部分がちょこんとのぞく姿が見られ、赤坂の街の中で、十分な存在感のある建物です。【TBS放送センター】には、9つのテレビスタジオと8つのラジオスタジオがあり、毎日さまざまなドラマやバラエティなどが収録されています。1F奥には、カフェもあります。番組スタッフなどが打合せをするスペースなどとして使用されていますが、一般の方も利用することができます。(写真提供:赤坂サカス)


  • TBS放送センターとSacas広場

※上記写真をクリックすると大きな写真が見れます。

インフォメーション

TBS放送センター
所在地 港区赤坂5-3-6
交通 東京メトロ千代田線「赤坂」駅より徒歩1分/東京メトロ丸ノ内線・銀座線「赤坂見附」駅ベルビー赤坂方面出口より徒歩9分
ホームページ http://www.tbs.co.jp/
TEL 03-3746-1111

周辺立ち寄りスポット
赤坂サカス

色々楽しめる複合エンタテインメント空間

TBS放送センターを中心に、ライブハウス・赤坂BLITZ、劇場・赤坂ACTシアター、イベント会場にもなるSacas広場、飲食店などさまざまな店舗が揃う赤坂Bizタワーなど、イベント、演劇、音楽から食事まで楽しめる、複合エンタテインメント空間【赤坂サカス】。 その名前の由来にも注目です。桜を「咲かす」という意味があると同時に、赤坂エリアには坂がたくさんあることから、坂s=「サカス」意味もあります。また【赤坂サカス】のローマ字表記「akasaka Sacas」を後ろから読むと、「SACA・SAKA・SAKA」=「坂・坂・坂」となります。いろいろな意味が込められていて、おもしろいですね。 (写真提供:赤坂サカス)


  • 夏サカス2013 笑顔の扉 デリシャカス〜番組グルメでおもてなし〜

  • White Sacas2012-2013 サカスポ!ホワイトサカス・スポーツフェスタ

※上記写真をクリックすると大きな写真が見れます。

インフォメーション

赤坂サカス
所在地 港区赤坂5
交通 東京メトロ千代田線「赤坂」駅より直結/東京メトロ丸の内線・銀座線「赤坂見附」駅ベルビー赤坂方面出口より徒歩8分/東京メトロ銀座線・南北線7番出口より徒歩7分
ホームページ http://sacas.net/

道中路地裏プチコラム
四季樹木図

赤坂駅構内で日本の四季を堪能

「赤坂」駅の改札を出ると、すぐ正面が【赤坂サカス】の玄関口、「Sacas Front」となっています。施設内へと続くエスカレーター沿いの壁には、立派なしだれ桜の壁画が見られます。こちらは、「四季樹木図」という作品。夏の竹林と天の川、黄金に輝く銀杏の木、冬の木立の絵、と、エスカレーターを上がりながら移り変わる景色を楽しめ、日本の四季を堪能することができます。

  • 改札を出ると大きなしだれ桜の絵が目に飛び込んでくる
  • 展示スペースに「四季樹木図」の説明があるので、読んでみよう

※上記写真をクリックすると大きな写真が見れます。

ページの先頭へ戻る

Welcome港区TOPへ