観光モデルルートWelcome港区

雨の日は美術館でアートに触れよう

観光ルート

  1. アクティブシニアにおすすめのスポット
  2. おひとりさまにおすすめのスポット
  3. カップルにおすすめのスポット
  4. ファミリーにおすすめのスポット

観光情報メールマガジン 「Welcome港区」 配信中!

メールマガジンの登録はこちら

この内容は、毎週木曜日にメールマガジンで配信しています。 お役立ち情報が満載!購読は無料です。まだ登録されていない方は今すぐコチラから!

【4】ファミリーにおすすめのスポット

最後は小さな子供と行って楽しい、ファミリーで訪れると楽しい美術館をご紹介しましょう。青山エリアにある【岡本太郎記念館】へと足を運びます。子供の感性を刺激する、色鮮やかな作品が楽しめる美術館です。

【交通案内】
@【根津美術館】:東京メトロ銀座線・半蔵門線・千代田線「表参道」駅A5出口より徒歩8分
A【菊池寛実記念 智美術館】:東京メトロ日比谷線「神谷町」駅4b出口より徒歩6分/東京メトロ南北線「六本木一丁目」駅より徒歩8分/東京メトロ南北線・銀座線「溜池山王」駅13出口より徒歩8分/東京メトロ銀座線「虎ノ門」駅3出口より徒歩10分
B【21_21 DESIGN SIGHT】:都営大江戸線・東京メトロ日比谷線「六本木」駅より徒歩5分/東京メトロ千代田線「乃木坂」駅より徒歩5分
C【岡本太郎記念館】:東京メトロ銀座線・千代田線・半蔵門線「表参道」駅より徒歩8分

ベストセレクトスポット
岡本太郎記念館

個性的なオブジェに子供も大喜び

日本が誇る芸術家、岡本太郎。【岡本太郎記念館】は、岡本太郎が1996年に亡くなるまで、アトリエ兼住居としていた場所。1970年に開催された大阪万博の太陽の塔をはじめ、巨大なモニュメントや壁画など、あらゆる作品の構想を練り、制作した場所です。 アトリエは、ル・コルビジェの愛弟子だった坂倉準三による設計で、ブロックを積んだ壁の上に凸レンズ形の屋根をのせるなど、当時話題を呼んだ名建築でもあります。館内には、岡本太郎の絵画やデッサン、彫刻などが展示されています。 1階はアトリエスペースとサロン、ミュージアムショップがあり、2階は企画展などの展示スペースとなっています。オブジェなどが無造作に置かれた緑いっぱいの庭では、自由に岡本太郎の作品を感じることができます。庭園を眺められるカフェもあるので、アートに触れた後の休憩にもぴったりです。
(写真提供:岡本太郎記念館)


  • 大胆な外観が目を引く【岡本太郎記念館】

  • 好きな角度から作品を楽しめる庭は、アートを間近に感じられる場所。 子供たちの発想力にも刺激を与えてくれるはず

  • 本物そっくりの岡本太郎像も置かれているサロン

※上記写真をクリックすると大きな写真が見れます。

インフォメーション

岡本太郎記念館
所在地 港区南青山6-1-19
交通 東京メトロ銀座線・千代田線・半蔵門線「表参道」駅より徒歩8分
ホームページ http://www.taro-okamoto.or.jp/
TEL 03-3406-0801

周辺立ち寄りスポット
青山霊園

都内屈指の桜の名所としても知られる

明治7(1874)年に、日本初の公用墓地として開設された【青山霊園】。園内の中央を通る霊園中央通りは桜並木となっており、都内屈指の桜の名所としても知られており、毎年多くの見物客が訪れる人気スポットです。 また、約26ヘクタールという広大な敷地内には、著名人の墓所も多くあり、大久保利通や乃木希典などの日本の近代史に名を残す政治家や、尾崎紅葉、斎藤茂吉、志賀直哉など、時代を代表する文化人も眠っています。


  • 「青山陸橋」は六本木ヒルズや東京タワーも見える眺めのいいスポット。

  • 「青山霊園」には著名な政治家や文化人たちが眠っている

※上記写真をクリックすると大きな写真が見れます。

インフォメーション

青山霊園
所在地 港区南青山2-32-2
交通 東京メトロ銀座線「外苑前」駅から徒歩7分/東京メトロ千代田線「乃木坂」駅から徒歩10分/
東京メトロ半蔵門線・銀座線・都営地下鉄大江戸線「青山一丁目駅」から徒歩9分
ホームページ http://www.tokyo-park.or.jp/park/format/index072.html
TEL 03-3401-3652

道中路地裏プチコラム
南青山陸橋

トンネルであり陸橋でもある面白い地形

乃木坂トンネルから青山側へ進むと南青山陸橋へとつながります。トンネルでありながら陸橋という面白い地形になっており、トンネル内には、横に歩道があり散策できるようになっています。下を走る道路とは、階段で行き来ができるようになっています。行き当たりばったりに散策するのに面白く、子供たちも喜びそうなスポットです。

  • ドラマのロケ地としてもよく使われる「南青山陸橋」

※上記写真をクリックすると大きな写真が見れます。

ページの先頭へ戻る

Welcome港区TOPへ