観光モデルルートWelcome港区

雨の日は美術館でアートに触れよう

観光ルート

  1. アクティブシニアにおすすめのスポット
  2. おひとりさまにおすすめのスポット
  3. カップルにおすすめのスポット
  4. ファミリーにおすすめのスポット

観光情報メールマガジン 「Welcome港区」 配信中!

メールマガジンの登録はこちら

この内容は、毎週木曜日にメールマガジンで配信しています。 お役立ち情報が満載!購読は無料です。まだ登録されていない方は今すぐコチラから!

【2】おひとりさまにおすすめのスポット

次は、おひとりさまにおすすめのスポットのご紹介です。【菊池寛実記念 智美術館】は、じっくりと作品と向き合うことができ、おひとりさまで訪れるにはもってこいのスポットです。のんびりとひとり散策をしながらのアート鑑賞で、素敵なアイデアが浮かぶかもしれませんね。

【交通案内】
@【根津美術館】:東京メトロ銀座線・半蔵門線・千代田線「表参道」駅A5出口より徒歩8分
A【菊池寛実記念 智美術館】:東京メトロ日比谷線「神谷町」駅4b出口より徒歩6分/東京メトロ南北線「六本木一丁目」駅より徒歩8分/東京メトロ南北線・銀座線「溜池山王」駅13出口より徒歩8分/東京メトロ銀座線「虎ノ門」駅3出口より徒歩10分
B【21_21 DESIGN SIGHT】:都営大江戸線・東京メトロ日比谷線「六本木」駅より徒歩5分/東京メトロ千代田線「乃木坂」駅より徒歩5分
C【岡本太郎記念館】:東京メトロ銀座線・千代田線・半蔵門線「表参道」駅より徒歩8分

ベストセレクトスポット
菊池寛実記念 智美術館

じっくりと作品と向き合うことができる場所

菊池寛実記念 智美術館(きくちかんじつきねん ともびじゅつかん)は、コレクターである菊池智(とも)のコレクションを母体に、現代陶芸を紹介する展覧会を開催しています。建築や内装にも力を入れており、設立者である菊池智の美意識を一貫して反映させた個性的な空間として楽しむことができます。1階の受付から、らせん階段を下り展示室へ入ると、暗がりのなかから、作品が1点ずつスポットライトを浴びて姿を現します。それはまるで、作品を鑑賞しながら、自分と作品とが対話を交わすようでもあります。
(写真提供:菊池寛実記念 智美術館)


  • 立派な外観が目を引く

  • らせん階段を降りて展示室へと向かう

  • 1点ずつスポットライトを浴びた幻想的な展示の仕方

※上記写真をクリックすると大きな写真が見れます。

インフォメーション

菊池寛実記念 智美術館
所在地 港区南青山6-5-1
交通 東京メトロ日比谷線「神谷町」駅4b出口より徒歩6分/東京メトロ南北線「六本木一丁目」駅より徒歩8分/東京メトロ南北線・銀座線「溜池山王」駅13出口より徒歩8分/東京メトロ銀座線「虎ノ門」3出口より徒歩10分
ホームページ http://www.musee-tomo.or.jp/
TEL 03-5733-5131

周辺立ち寄りスポット
ROPPONGI TOKYO PLAZA

六本木通り沿いのマンション&商業施設

六本木駅から六本木一丁目駅に向かう六本木通り沿いに、「THE ROPPONGI TOKYO」というマンションと商業施設の「ROPPONGI TOKYO PLAZA」があります。海外のものを多く扱うスーパーマーケットもあるので、何げなくふらりと立ち寄ってみると、面白いものや可愛らしい雑貨を発見できるかもしれません。


  • 「ROPPONGI TOKYO PLAZA」の脇にある大きなシラカシの木

  • 舗装された道と緑が心地よい

  • ふらりと入って楽しいスーパーマーケット

※上記写真をクリックすると大きな写真が見れます。

インフォメーション

ROPPONGI TOKYO PLAZA
所在地 港区六本木3-7-1
交通 東京メトロ日比谷線「六本木」駅より徒歩3分/都営大江戸線「六本木」駅より徒歩5分

道中路地裏プチコラム
寄席坂

六本木通りから一本入った静かな急坂

坂下は賑やかな六本木通り。「寄席坂」を上がっていくと、一転して静かになります。坂の途中の北側に、明治から大正三年にかけて、福井亭という寄席があったために、この名で呼ばれるようになりました。

  • 細い道をどんどん上がっていく
  • 坂を上った後見下ろすと、結構な急勾配であることが分かる
  • 坂を上がったところに「寄席坂」の説明板がある

※上記写真をクリックすると大きな写真が見れます。

ページの先頭へ戻る

Welcome港区TOPへ