観光モデルルートWelcome港区

春を満喫!港区の公園庭園でピクニックへ出かけよう

観光ルート

  1. ファミリーにおすすめのスポット
  2. カップルにおすすめのスポット
  3. アクティブシニアにおすすめのスポット
  4. おひとりさまにおすすめのスポット

観光情報メールマガジン 「Welcome港区」 配信中!

メールマガジンの登録はこちら

この内容は、毎週木曜日にメールマガジンで配信しています。 お役立ち情報が満載!購読は無料です。まだ登録されていない方は今すぐコチラから!

【3】アクティブシニアにおすすめのスポット

次は、アクティブシニアの方におすすめの、ゆっくりと時間が過ごせるスポットへと向かってみましょう。【三田台公園】は小さな公園ですが、ベンチやテーブルなどもあり、のんびり過ごすことができる穴場の公園です。

【交通案内】
@【埠頭公園】:新交通ゆりかもめ「芝浦ふ頭」駅より徒歩7分
A【水上バス(日の出桟橋→お台場海浜公園)】:新交通ゆりかもめ「日の出」駅より徒歩2分/JR線「浜松町」駅より徒歩8分
B【三田台公園】:都営浅草線「泉岳寺」駅より徒歩9分/東京メトロ南北線・都営三田線「白金高輪」駅より徒歩10分
C【有栖川宮記念公園】:東京メトロ日比谷線「広尾」駅より徒歩3分

ベストセレクトスポット
三田台公園

遺跡やビオトープもある穴場の公園

伊皿子貝塚遺跡(いさらごかいづかいせき)の発掘調査で発見された住居跡と貝層の断面が復元、展示されている区で唯一の遺跡公園です。園内の奥には、大きな貝層があります。これは、伊皿子貝塚のなかで厚く貝がつもった部分を接着剤で接合してはぎとり、保存したものです。その隣では、復元された古墳時代の住居跡をガラス窓からのぞくことができるようになっており、古代の人々の生活の一端を知ることのできる公園です。また、園内には草地のビオトープがあり、多くの昆虫が生息しています。人も少なく、ゆったりと時間を過ごせるので、シニアの方にもぴったりなスポットです。


  • ベンチとテーブルもあるので、飲み物などを買って休憩もできる

  • 園路散策のほか、草花や虫の観察が楽しめる

  • 伊皿子貝塚の一部を保存した大きな貝層

※上記写真をクリックすると大きな写真が見れます。

インフォメーション

三田台公園
所在地 港区三田4-17-28
交通 都営浅草線「泉岳寺」駅より徒歩9分/東京メトロ南北線・都営三田線「白金高輪」駅より徒歩10分
ホームページ http://www.city.minato.tokyo.jp/shisetsu/koen/takanawa/03.html
TEL 03-5421-7615

周辺立ち寄りスポット
魚籃寺

魚籃坂の名の由来ともなった寺

「魚籃坂下」の交差点を走る「魚籃坂」沿いにある「魚籃寺」は、「魚籃観世音菩薩」を本尊とする歴史ある寺で、「魚籃坂」の地名の由来はここからきています。「魚籃観世音菩薩」は、美しい乙女の姿をした観音像で、仏が美しい乙女の姿で現れ、竹かごに入れた魚を売りながら仏法を広めたという伝説があります。


  • パッと目を引く赤い門

  • 門の右側には地蔵菩薩が並んでいる

  • 人々の病を癒したとされる薬師如来

※上記写真をクリックすると大きな写真が見れます。

インフォメーション

魚籃寺
所在地 港区三田4-8-34
交通 都営三田線「白金高輪」駅から徒歩7分
ホームページ http://www.butuji.co.jp/eitai/gyoranji/
TEL 03-3451-5677

道中路地裏プチコラム
石村近江墓

三味線寺とも呼ばれる大信寺に安置されている

魚籃坂沿いにある大信寺は、別名「三味線寺」とも呼ばれており、これは、わが国の代表的な楽器として世界に知られる三味線の始祖とされる石村近江の墓があることに由来しています。石村近江は、号を浄本、通称を源左衛門といい、京都から江戸に移住して三味線を完成し、「浄本近江」と呼ばれた名工でした。

  • 三味線の始祖とされる石村近江の墓

※上記写真をクリックすると大きな写真が見れます。

ページの先頭へ戻る

Welcome港区TOPへ