観光モデルルートWelcome港区

港区で「歴史探訪」

観光ルート

  1. アクティブシニアにおすすめのルート
  2. おひとりさまにおすすめのスポット
  3. ファミリーにおすすめのルート
  4. カップルにおすすめのルート
  5. 修学旅行生におすすめのルート

観光情報メールマガジン 「Welcome港区」 配信中!

メールマガジンの登録はこちら

この内容は、毎週木曜日にメールマガジンで配信しています。 お役立ち情報が満載!購読は無料です。まだ登録されていない方は今すぐコチラから!

【1】アクティブシニアにおすすめのスポット

まずは、アクティブシニア向けのスポットです。【愛宕神社】へと歩いていきましょう。【愛宕神社】といえば、正面にある出世の石段で知られています。この階段は、かなり急こう配なので、体力に自信のある方は、ぜひ挑戦してみてはいかがでしょうか。愛宕トンネルの横にエレベーターもありますので、そちらも利用できます。

【交通案内】
@【愛宕神社】:東京メトロ日比谷線「神谷町」駅より徒歩5分/東京メトロ銀座線「虎ノ門」駅より徒歩8分/都営三田線「御成門」駅より徒歩8分/JR線「新橋」駅より徒歩20分
A【旧乃木邸】:東京メトロ千代田線「乃木坂」駅より徒歩1分/都営大江戸線「六本木」駅より徒歩6分/東京メトロ日比谷線「六本木」駅より徒歩8分/東京メトロ半蔵門線・銀座線・都営大江戸線「青山一丁目」駅より徒歩8分
B【旧新橋停車場 鉄道歴史展示室】:JR線「新橋」駅銀座口より徒歩5分/都営大江戸線「汐留」駅新橋駅方面改札より徒歩3分/東京メトロ銀座線「新橋」駅2番出口より徒歩3分/都営浅草線「新橋」駅JR線新橋駅・汐留方面改札より徒歩3分/新交通ゆりかもめ「新橋」駅より徒歩3分
C【大倉集古館】:東京メトロ銀座線「虎ノ門」駅出口3より徒歩約10分/東京メトロ日比谷線「神谷町」駅 出口4bより徒歩約10分/東京メトロ南北線・銀座線「溜池山王」駅出口13より徒歩約10分/東京メトロ南北線「六本木一丁目」駅より徒歩約10分
D【増上寺】:JR線・東京モノレール「浜松町」駅より徒歩10分/都営三田線「御成門駅」より徒歩3分/都営三田線「芝公園」駅より徒歩3分/都営浅草線・大江戸線「大門」駅より徒歩5分/都営浅草線「大門」駅より徒歩5分/都営地下鉄大江戸線「赤羽橋」駅より徒歩7分/東京メトロ日比谷線「神谷町」駅より徒歩10分

ベストセレクトスポット
愛宕神社

歴史的な由来が多くある神社

慶長8(1603)年、江戸幕府を開く徳川家康の命により、火産霊命(ほむすびのみこと)を祀るために建立された【愛宕神社】。神社の正面には、急こう配の石段「男坂」があります。江戸時代、曲垣平九郎が馬に乗って石段を上り、徳川家光から「日本一の馬術の名人」と讃えられたという故事により、「出世の石段」と呼ばれています。また、神社は緑に囲まれた愛宕山に位置しています。23区内で最も高い標高26mの山で、かつては、見晴らしの名所として有名で、山頂から東京湾や房総半島を望むことができました。勝海舟と西郷隆盛が愛宕山に登り、江戸の町を見下ろして「この町を戦火で焼失させてしまうのはしのびない」と江戸城無血開城への決断をしたともいわれています


  • 「出世の石段」と呼ばれる「男坂」。向かって右側には「女坂」もある

  • 社殿。二礼二拍手一礼をして参拝しよう

  • 桜田烈士愛宕山遺跡碑。万延元(1860)年、水戸の浪士が大老井伊直弼を討つ(桜田門外の変)前に、ご神前で祈念したという

※上記写真をクリックすると大きな写真が見れます。

インフォメーション

愛宕神社
所在地 港区愛宕1-5-3
交通 東京メトロ日比谷線「神谷町」駅より徒歩5分/東京メトロ銀座線「虎ノ門」駅より徒歩8分/都営三田線「御成門」駅より徒歩8分/JR線「新橋」駅より徒歩20分
ホームページ http://www.atago-jinja.com
TEL 03-3431-0327

周辺立ち寄りスポット
NHK放送博物館

世界最初の放送専門のミュージアム

愛宕神社山頂に登ると、左側には【NHK放送博物館】があります。【NHK放送博物館】は、1956年に、世界最初の放送専門のミュージアムとして、“放送のふるさと”と呼ばれる愛宕山に開館しました。1925年、東京芝浦の東京放送局仮放送所から日本のラジオ第一声の仮放送が流れ、そして7月、今度は愛宕山で本放送が始まることになりました。日本の放送が始まって以来、放送は大きく進歩・発展してきました。放送博物館では、こうした放送の歴史に関するさまざまな実物展示をはじめ、自由に利用できる「番組公開ライブラリー」や「図書・資料ライブラリー」なども公開しています。


  • ラジオからテレビ、デジタル放送へと発展した、日本の放送の歴史がわかる博物館

※上記写真をクリックすると大きな写真が見れます。

インフォメーション

NHK放送博物館
所在地 港区愛宕2-1-1
交通 東京メトロ日比谷線「神谷町」駅3番出口より徒歩8分/東京メトロ銀座線「虎ノ門」駅1番出口より 徒歩13分/都営三田線「御成門」駅A5出口より徒歩10分/JR線「新橋」駅烏森口より徒歩20分
ホームページ http://www.nhk.or.jp/museum/
TEL 03-5400-6900

道中路地裏プチコラム
天徳寺&周辺の古地図

江戸の街の様子を垣間見る

天徳寺は、1533年に創建された歴史ある寺院です。江戸城紅葉山にあり、その後江戸城の拡張にともない、1611年に現在地に移転したと言われています。江戸時代には江戸浄土宗四ヶ寺の一つとして寺格も高く、愛宕山西側一帯を寺域とするほどの大きな寺院でした。その様子が、寺院の向かいの敷地内にある古地図にて垣間見られます。また、天徳寺は、江戸三十三観音霊場の20番目の寺院です。江戸三十三観音霊場とは、江戸内の観音お遍路コース。観世音菩薩は、33通りに姿を変え、人々を救済すると言われることから、全国各地に三十三観音霊場ができました。江戸内の観音お遍路コースは、江戸時代に開創されたと考えられています。

  • 江戸三十三観音霊場のひとつである「天徳寺」
  • 寺社の向かいにあるマンションの敷地には、江戸時代の周辺の様子を示した古地図がある

※上記写真をクリックすると大きな写真が見れます。

ページの先頭へ戻る

Welcome港区TOPへ