観光モデルルートWelcome港区

「芸術の秋」を満喫しよう!

観光ルート

  1. おひとりさまにおすすめのルート
  2. アクティブシニアにおすすめのルート
  3. ファミリーにおすすめのルート
  4. カップルにおすすめのルート
  5. 修学旅行生におすすめのルート

観光情報メールマガジン 「Welcome港区」 配信中!

メールマガジンの登録はこちら

この内容は、毎週木曜日にメールマガジンで配信しています。 お役立ち情報が満載!購読は無料です。まだ登録されていない方は今すぐコチラから!

【4】カップルにおすすめのルート

カップルにおすすめのアートスポットを巡ります。「東京ミッドタウン」近辺は、ショップ、レストラン、ホテル、公園、美術館など多彩な施設が集まっています。芸術に触れながら、ウィンドーショッピングやディナーなど、大人のデートを楽しんでみましょう。さあ、新しい魅力を発見しに港区さんぽへとでかけましょう。

【交通案内】
@【21_21 DESIGN SIGHT】:東京メトロ日比谷線・都営大江戸線「六本木」駅より徒歩5分/東京メトロ千代田線「乃木坂」駅より徒歩5分
A【根津美術館】:東京メトロ銀座線・半蔵門線・千代田線「表参道」駅A5出口より徒歩8分
B【松岡美術館】:東京メトロ南北線・都営三田線「白金台」駅1出口より徒歩6分
C【国立新美術館】:東京メトロ千代田線「乃木坂」駅6出口より直結/都営大江戸線「六本木」駅7出口より徒歩約4分/東京メトロ日比谷線「六本木駅」4a出口より徒歩約5分
D【森美術館】:東京メトロ日比谷線「六本木駅」徒歩0分(コンコースにて直結)/都営大江戸線「六本木」駅より徒歩4分/都営大江戸線「麻布十番」駅より徒歩5分

ベストセレクトスポット
国立新美術館

館内の施設も充実している美術館

【国立新美術館】は、コレクションをもたず、国内最大級の展示スペースを生かした多彩な展覧会を開催している、新しいタイプの美術館です。洗練された建物は、建築家・黒川紀章による設計で、周辺の緑と調和した、波打つような美しい曲線を描いているガラス壁の外観が特徴です。ミュージアムショップ「スーベニアフロムトーキョー」には、雑貨をはじめ、食器や本など、さまざまなジャンルのデザイン性の高いアイテムが揃います。本格フレンチが味わえるブラッスリー「ブラッスリー ポール・ボキューズ ミュゼ」やカフェもあり、ランチやティータイムとしても利用できます。アートに触れた後は、ゆっくりと館内も楽しんでみましょう。(写真提供:国立新美術館)。


  • インパクトのある外観。波打つような曲線が印象的

  • さまざまな角度から建物を眺めてみよう

  • 明るい光が差し込む館内

  • ライトアップされた夜も美しい

※上記写真をクリックすると大きな写真が見れます。

インフォメーション

国立新美術館
所在地 港区六本木7-22-2
交通 東京メトロ千代田線「乃木坂」駅6出口より直結/都営大江戸線「六本木」駅7出口より徒歩約4分/東京メトロ日比谷線「六本木」駅4a出口より徒歩約5分
開館時間 10:00〜18:00 ※最終入館は17:30
※会期中の毎週金曜日は〜20:00(最終入館は19:30)
※公募展は美術団体によって、観覧時間が異なることがあります。
※アートライブラリー、レストラン・カフェ、ミュージアムショップのご利用についての詳細の時間はホームページを参照ください。
休館日 火曜日(祝日・振替休日に当たる場合は翌平日)、設備維持管理、年末年始
入場料 企画展は展覧会ごとに定める
公募展は美術団体によって異なる
ホームページ http://www.nact.jp/
TEL 03-5777-8600(ハローダイヤル)

周辺立ち寄りスポット
ミッドタウン・ガーデン

アート作品と自然に囲まれてのんびり

「国立新美術館」の正門を出たら、左へと進みます。東京ミッドタウン西の信号を渡り、そのまま【ミッドタウン・ガーデン】へと進みましょう。【ミッドタウン・ガーデン】は、「東京ミッドタウン」にある緑あふれる公園。都会の真ん中にいながらにして、たくさんのグリーンの中で気持ちのよい空気を感じることができます。ところどころに配置されているアートを楽しみながらゆっくりと散策するのもおすすめです。公園にはベンチも置かれていて、語り合うカップルたちの姿も見られます。


  • 人気のデートスポット

※上記写真をクリックすると大きな写真が見れます。

インフォメーション

ミッドタウン・ガーデン
所在地 港区赤坂9-7-1
交通 東京メトロ日比谷線・都営大江戸線「六本木」駅より徒歩5分/東京メトロ千代田線「乃木坂」駅より徒歩5分

道中路地裏プチコラム
六本木トンネルの壁画

殺風景な壁面が個性的なギャラリーに

「国立新美術館」の西門を過ぎてそのまま進むと、六本木トンネルの壁沿いに現れるのが 大きなストリートペインティング。トンネルの壁、約90メートルに、東京都の政策で始まったトーキョーワンダーウォールの入賞者などから選ばれた若手アーティストによる現代アートの壁画が描かれています。ペインティングがおしゃれなトンネルで、数多くのドラマシーンのバックで使用されています。


  • ユニークな作品も多い、知られざる穴場アートスポット

※上記写真をクリックすると大きな写真が見れます。

ページの先頭へ戻る

Welcome港区TOPへ