観光モデルルートWelcome港区

「芸術の秋」を満喫しよう!

観光ルート

  1. おひとりさまにおすすめのルート
  2. アクティブシニアにおすすめのルート
  3. ファミリーにおすすめのルート
  4. カップルにおすすめのルート
  5. 修学旅行生におすすめのルート

観光情報メールマガジン 「Welcome港区」 配信中!

メールマガジンの登録はこちら

この内容は、毎週木曜日にメールマガジンで配信しています。 お役立ち情報が満載!購読は無料です。まだ登録されていない方は今すぐコチラから!

【3】ファミリーにおすすめのルート

家族でアートや自然を感じて学ぶお散歩コースをご紹介します。【松岡美術館】では鉛筆でのデッサンが許可されています。好きな作品をデッサンすることでデザインへの興味を一層引き出せることでしょう。また【国立科学博物館附属自然教育園】では、おいしい空気を満喫し、植物についても十分に学べます。子供と一緒にお出かけしていろんなものを見せてあげましょう。

【交通案内】
@【21_21 DESIGN SIGHT】:東京メトロ日比谷線・都営大江戸線「六本木」駅より徒歩5分/東京メトロ千代田線「乃木坂」駅より徒歩5分
A【根津美術館】:東京メトロ銀座線・半蔵門線・千代田線「表参道」駅A5出口より徒歩8分
B【松岡美術館】:東京メトロ南北線・都営三田線「白金台」駅1出口より徒歩6分
C【国立新美術館】:東京メトロ千代田線「乃木坂」駅6出口より直結/都営大江戸線「六本木」駅7出口より徒歩約4分/東京メトロ日比谷線「六本木駅」4a出口より徒歩約5分
D【森美術館】:東京メトロ日比谷線「六本木駅」徒歩0分(コンコースにて直結)/都営大江戸線「六本木」駅より徒歩4分/都営大江戸線「麻布十番」駅より徒歩5分

ベストセレクトスポット
松岡美術館

ジャンルを問わない美へのこだわり

緑豊かで閑静な住宅街である、白金台という好立地にあり、落ち着いた雰囲気のなか、アート鑑賞ができる【松岡美術館】。松岡地所創立者の松岡清次郎が1975年に設立。(2000年に新橋から白金台に移転)。収蔵品は多種多様で、東洋陶磁、日本画、ガンダーラやインドの古代東洋彫刻、古代オリエント美術、フランス近代絵画など、その総数は約1800点にものぼります。展示室は1階に3室、2階に3室あり、2階は企画展ごとに入れ替えがあります。(写真提供:松岡美術館)


  • 重厚感のある外観

  • 白が際立つロビー

  • 古代オリエント美術も展示されている

※上記写真をクリックすると大きな写真が見れます。

インフォメーション

松岡美術館
所在地 港区白金台5-12-6
交通 東京メトロ南北線・都営三田線「白金台」駅1出口より徒歩6分
開館時間 10:00〜17:00 ※最終入館は16:30
休館日 月曜日(祝日の場合は翌日)
入場料 一般800円、65歳以上・障害者700円、中高大生500円(20名以上の団体は各100円割引)
ホームページ http://www.matsuoka-museum.jp/
TEL 03-5449-0251

周辺立ち寄りスポット
国立科学博物館附属自然教育園

植物観察しながら自然に触れる

1949年、国の天然記念物および史跡に指定されると同時に国立自然教育園として一般公開されました。その歴史は古く、室町時代の豪族の館に始まります。その後、江戸時代には、高松藩主・松平頼重の下屋敷となり、明治時代には、陸・海軍の火薬庫となり、大正時代には、白金御料地となりました。通常一般の人々が入ることができなかったために、豊かな自然が残されたそうです。約6万坪を誇る広大な公園では、案内板や園内リーフレットを見ながら、道ばたに自生する植物を眺められる「路傍植物園」、「水生植物園」「武蔵野植物園」を歩き、散策を楽しみましょう。植物にはそれぞれネームプレートがついているので、学びながら観察しましょう。(写真提供:国立科学博物館附属自然教育園)


  • 秋は紅葉も楽しめる

※上記写真をクリックすると大きな写真が見れます。

インフォメーション

国立科学博物館附属自然教育園
所在地 港区白金台5-21-5
交通 JR線「目黒」駅東口より徒歩7分/東急目黒線「目黒駅」正面口(中央口)より徒歩7分/東京メトロ南北線/都営三田線「白金台」駅1出口より徒歩5分
開園時間 9月1日〜4月30日 9:00〜16:30※最終入園は16:00
5月1日〜8月31日 9:00〜17:00※最終入園は16:00
休園日 月曜日 (祝日・休日の場合は火曜日)、祝日の翌日(土・日の場合は開園)、年末年始(12月28日〜1月4日)※休園日でも臨時に開園することがあります。詳しくは休園日情報をご覧ください。
入園料 一般・大学生300円、高校生(高等専門学校生含む)以下無料、65歳以上無料(障害者の方とその介護者各1名は無料)※証明書等を提示してください。
※5月4日(みどりの日)、5月18日(国際博物館の日)及び11月3日(文化の日)は無料
ホームページ http://www.ins.kahaku.go.jp/
TEL 03-3441-7176

道中路地裏プチコラム
誕生八幡神社

子供たちにも神社の由来を語ってあげよう

JR線「目黒」駅東口を出てロータリーを前にし、右折するとすぐに右側に交番が見えてきます。交番の前を通るのが目黒通り。目黒通りを左に曲がり、しばらく直進します。しばらく歩くと、左側にひっそりと佇む神社が見えてきます。【誕生八幡神社】です。室町時代の武将・太田道灌が夫人の懐妊の際に、安産祈願のために筑前国(福岡県)宇佐八幡をこの地に勧請したことに由来。後に、無事に男の子が生まれたことから、安産の守り神とされています。


  • 小さい神社が突如現れるのも散策のおもしろいところ

  • 神社には、品川区指定天然記念物の立派なイチョウの木が。この辺りは品川区にあたる

※上記写真をクリックすると大きな写真が見れます。

ページの先頭へ戻る

Welcome港区TOPへ