観光モデルルートWelcome港区

「芸術の秋」を満喫しよう!

観光ルート

  1. おひとりさまにおすすめのルート
  2. アクティブシニアにおすすめのルート
  3. ファミリーにおすすめのルート
  4. カップルにおすすめのルート
  5. 修学旅行生におすすめのルート

観光情報メールマガジン 「Welcome港区」 配信中!

メールマガジンの登録はこちら

この内容は、毎週木曜日にメールマガジンで配信しています。 お役立ち情報が満載!購読は無料です。まだ登録されていない方は今すぐコチラから!

【2】アクティブシニアにおすすめのルート

ご紹介するのは青山エリア。アクティブシニアにおすすめの芸術鑑賞スポット【根津美術館】へ続く通り沿いにはワールドクラスの有名ブランド店が軒を連ねています。建物自体もおもしろいものばかりですし、ショーウインドウのディスプレイも目を引きます。まさに芸術の秋にぴったりの散策ルートといえますね。美術館へ向かう序章として、ゆっくり眺めながら歩いてみましょう。

【交通案内】
@【21_21 DESIGN SIGHT】:東京メトロ日比谷線・都営大江戸線「六本木」駅より徒歩5分/東京メトロ千代田線「乃木坂」駅より徒歩5分
A【根津美術館】:東京メトロ銀座線・半蔵門線・千代田線「表参道」駅A5出口より徒歩8分
B【松岡美術館】:東京メトロ南北線・都営三田線「白金台」駅1出口より徒歩6分
C【国立新美術館】:東京メトロ千代田線「乃木坂」駅6出口より直結/都営大江戸線「六本木」駅7出口より徒歩約4分/東京メトロ日比谷線「六本木駅」4a出口より徒歩約5分
D【森美術館】:東京メトロ日比谷線「六本木駅」徒歩0分(コンコースにて直結)/都営大江戸線「六本木」駅より徒歩4分/都営大江戸線「麻布十番」駅より徒歩5分

ベストセレクトスポット
根津美術館

鑑賞後は庭園散策も楽しめる美術館

1941(昭和16)年に開館した【根津美術館】。東武鉄道の社長などを務めた実業家、初代・根津嘉一郎の蒐集品を中心に公開する美術館です。きれいに整えられた竹の入口を入ると、すぐ右手に通路が続きます。竹壁と石床で美しく作られた通路は、歩くだけで凜とした空気を感じられるはず。この通路を抜けたところが、美術館の入口です。現在、約7400件を数える美術品が所蔵されており、国宝7件、重要文化財87件、重要美術品94件が含まれています。私設美術館としては、ほかに類をみない膨大なコレクションといえるでしょう。【根津美術館】の年間7回の展覧会では、6つの展示室を使って、それぞれに趣向が凝らされます。初代・根津嘉一郎は、美術品蒐集のほか茶の道にも親しんだ茶人でした。そのため、美術館の外に広がる約2万uの日本庭園には茶室が点在し、茶の世界を感じることができます。(写真提供:根津美術館)


  • 美しい佇まいの外観
    (c)FUJITSUKA Mitsumasa

  • 思わず撮影したくなる正門からのアプローチ
    (c)FUJITSUKA Mitsumasa

  • 静寂に満たされたエントランスホール
    (c)FUJITSUKA Mitsumasa

  • のどが渇いたり、小腹がすいたら、NEZUCAFEへ
    (c)FUJITSUKA Mitsumasa

  • NEZUCAFEで人気のミートパイセット
    (c)FUJITSUKA Mitsumasa

  • 庭園内の茶室「弘仁亭」
    (c)FUJITSUKA Mitsumasa

※上記写真をクリックすると大きな写真が見れます。

インフォメーション

根津美術館
所在地 港区南青山6-5-1
交通 東京メトロ銀座線・半蔵門線・千代田線「表参道」駅A5出口より徒歩8分
開館時間 10:00〜17:00 ※最終入館は16:30
休館日 月曜日(祝祭日の場合は翌日火曜日)、年末年始、展示替え期間
入場料 特別展:一般1,200円、高校生・大学生1,000円、中学生以下無料/コレクション展:一般1,000円、高校生・大学生800円、中学生以下無料(20名以上の団体、障害者手帳掲示者および同伴者1名は200円割引)
ホームページ http://www.nogijinja.or.jp/
ウェブアプリ http://www.nezu-muse-app.jp
TEL 03-3400-2536

周辺立ち寄りスポット
骨董通り

日本や西洋のアンティーク品に出合える

「根津美術館」を背中にして目の前の通りを左へ進みましょう。少し歩けば、すぐに【骨董通り】にぶつかるので右へ。その愛称のとおり骨董品店がある通りで、紀伊国屋インターナショナルや青山学院に近い、青山通りの南青山五丁目交差点につながる道です。【骨董通り】には古美術品店や陶磁器店、画廊などが点在。竹製品や葉巻などの専門ショップ、カフェもあります。毎週土曜日には西洋アンティークのマーケットが開催。古道具探しに出かけてみてはいかがでしょうか。


  • かつて都電が走っていた【骨董通り】。その頃の風景を想像しながら歩いてみよう

  • 高額な骨董品も多いが、アート鑑賞気分で眺めてみるとおもしろい

※上記写真をクリックすると大きな写真が見れます。

インフォメーション

骨董通り
所在地 港区南青山5〜6
交通 東京メトロ銀座線・千代田線・半蔵門線「表参道」駅B3出口より徒歩約3分

道中路地裏プチコラム
大松稲荷神社

五穀豊穣の神を祭る神社

表参道駅A4出口を出たら左へ進みましょう。ほどなくすると、通りを挟んで右手角に小さな【大松稲荷神社】が見えてきます。ブランドショップが建ち並ぶ青山界隈では貴重なスポットといえます。【大松稲荷神社】は、稲荷神社が流行った江戸時代からここにあるそう。青山は、最旬ファッションであふれる街ですが、シニアさん向けの港区ルートでは、こういった歴史を感じるスポットも大切にしながら歩いていきたいですね。


  • 大きな松の木が暴風で折れてしまい、その代わりに小祠をおいたことに由来する【大松稲荷神社】

  • 細身で凛としたお狐様は、青山の街に似合う。この小さな神社は、作家・向田邦子の『父の詫び状』のなかにも登場する

※上記写真をクリックすると大きな写真が見れます。

ページの先頭へ戻る

Welcome港区TOPへ