観光モデルルートWelcome港区

おしゃれゾーン探訪

観光ルート

  1. いつもよりおしゃれな風景の中でデート・水上バス
  2. 食事と庭園散策をセットで楽しむ休日・八芳園
  3. 子供が喜ぶ絶景スポット・東京シティビュー
  4. 建物まるごとアート体験・スパイラル

観光情報メールマガジン 「Welcome港区」 配信中!

メールマガジンの登録はこちら

この内容は、毎週木曜日にメールマガジンで配信しています。 お役立ち情報が満載!購読は無料です。まだ登録されていない方は今すぐコチラから!

【2】アクティブシニアにおすすめのスポット

ご紹介するのは白金エリア。このエリアは、街ゆく人もおしゃれで、外国人も多く、花や植木をきれいに手入れしている素敵な邸宅も多く見られます。住宅街をそぞろ歩くだけで、目の保養になったり、生活のヒントに出合えたりする大人の「おしゃれゾーン」と言えますね。そんな中にも和を感じる【八芳園】へ訪れてみましょう。

【交通案内】
@【水上バス(日の出桟橋→お台場海浜公園)】:ゆりかもめ「日の出」駅より徒歩2分/JR線「浜松町」駅より徒歩8分
A【八芳園】:東京メトロ南北線・都営三田線「白金台」駅2番出口より徒歩1分/JR線「目黒」駅東口より徒歩15分
B【東京シティビュー(六本木ヒルズ内)】:東京メトロ日比谷線「六本木」駅1C出口直結/都営大江戸線「六本木」駅3番出口より徒歩4分/都営大江戸線「麻布十番」駅7番出口より徒歩5分/東京メトロ南北線「麻布十番」駅4番出口より徒歩8分
C【スパイラル】:東京メトロ銀座線・半蔵門線・千代田線「表参道駅」B1、B3出口すぐ

ベストセレクトスポット
八芳園

約1万坪の敷地を誇る美しい日本庭園

【八芳園】の名前の由来は「四方八方どこを見ても美しい」こと。庭園には、池や中庭、茶室、神社などが点在し、日本らしい凛とした空気が流れています。白金台は、徳川家康の側近のひとり、大久保彦左衛門の屋敷があった場所。後に日立製作所の創設者である久原房之助が所有し、兼ねてからあたためていた大庭園構想の実現に乗り出します。自然との調和を何よりも大切にした房之助の庭園造りのおかげで、【八芳園】の前身となる大庭園ができあがりました。現在では、カフェやレストラン、チャペル、式場などが点在する憧れのウエディング会場としても有名です。2012年9月にリニューアルした「白金料庭 槐樹」の、目の前に庭園が広がるカウンター席では、四季折々の自然を愛でながら旬の味をいただけます。より気軽に食事を楽しみたい人は、「Thrush cafe」(スラッシュカフェ)のテラス席もおすすめ。カフェやレストランで食事をしたあとは、腹ごなしを兼ねて、自慢の庭園を散策しましょう。(写真提供:八芳園)


  • 由緒正しい土地柄にふさわしい正門

  • 春には一面に桜が咲き誇る

  • 日本料理をいただける「槐樹」では、カウンター席がおすすめ

  • 「Thrush cafe」のテラス席でティータイムを楽しもう

※上記写真をクリックすると大きな写真が見れます。

インフォメーション

八芳園
所在地 港区白金台1-1-1
交通 東京メトロ南北線・都営三田線「白金台」駅2番出口より徒歩1分/JR線「目黒」駅東口より徒歩15分
営業時間 白金料庭 槐樹 平日11:30〜(L.O.14:30)、17:00〜(会席料理L.O.20:00)(アラカルトL.O.20:30)(ドリンク21:30)/土日祝11:30〜(L.O.16:00)、17:00〜(会席料理L.O.20:00)(アラカルトL.O.20:30)(ドリンク21:30) Thrush cafe  8:00〜(L.O.10:00)、11:00〜22:00(L.O.20:00) ※一部のメニューはL.O.21:00 茶室 夢庵 11:00〜16:00
ホームページ http://www.happo-en.com/
TEL 03-3443-3111

周辺立ち寄りスポット
有栖川宮記念公園

公園の歴史に思いを馳せる

【有栖川宮記念公園】は、麻布野球場と庭球場を含む総面積67,131平方メートルもある、広大な公園です。江戸時代には、盛岡南部藩の下屋敷があり、明治時代には、有栖川宮威仁(ありすがわのみやたけひと)親王の栽仁(たねひと)王新邸造成の御用地となりました。大正時代には、有栖川宮家が途絶えてしまい、大正天皇は、第三皇子であった光宮宣仁(てるのみやのぶひと)親王に、有栖川宮の旧称高松宮の称号を賜り、この敷地も同時に受け継ぐことに。高松宮殿下は、児童福祉を目的とする遊ぶ場に関心があり、昭和初期に、東京都へこの地を賜与し、東京都が記念公園として開園し、現在、多くの人々に愛されています。春には、港区の「区の木」でもあるハナミズキをはじめ、ウメやサクラが、夏は、「区の花」であるアジサイやハナショウブが、秋は、モミジやカエデが園内を彩ります。冬の雪景色も風流で見応えがあり、都心で四季を感じられる貴重なスポットといえます。


  • 園内に入るとすぐに見える池では、釣りもできる。
    カメやカモもたくさん見つけられるはず

  • 池に続いている渓流沿いを散策してみるのもおすすめ

  • たくさんの野鳥が生息していることで知られる【有栖川宮記念公園】。
    何種類発見できるか、バードウォッチングも楽しんでみよう

※上記写真をクリックすると大きな写真が見れます。

インフォメーション

有栖川宮記念公園
所在地 港区南麻布5-7-29
交通 東京メトロ日比谷線「広尾」駅より徒歩約4分
ホームページ http://www.city.minato.tokyo.jp/shisetsu/koen/azabu/03.html
TEL 03-5114-8803(協働推進課土木係)

道中路地裏プチコラム
ナショナル麻布スーパーマーケット

外国人向けスーパーでお買い物

有栖川宮記念公園前の交差点に出たら、左へ横断歩道を渡ると、2012年にリニューアルオープンしたスーパーマーケット【ナショナル麻布スーパーマーケット】があります。在日外国人も多く住む界隈ならではの外国商品がたくさん並ぶスーパーマーケットです。チーズや肉類、ソーセージ類、パスタ、ビールなどの種類が豊富で、まるで海外旅行にでも来たかのような、雰囲気を味わえますよ。


  • お孫さんへのおみやげ探しに最適

※上記写真をクリックすると大きな写真が見れます。

ページの先頭へ戻る

Welcome港区TOPへ