観光モデルルートWelcome港区

港区内の穴場を探そう

観光ルート

  1. カップルにおすすめのスポット
  2. アクティブシニアにおすすめのスポット
  3. ファミリーにおすすめのスポット
  4. おひとりさまにおすすめのスポット

観光情報メールマガジン 「Welcome港区」 配信中!

メールマガジンの登録はこちら

この内容は、毎週木曜日にメールマガジンで配信しています。 お役立ち情報が満載!購読は無料です。まだ登録されていない方は今すぐコチラから!

【3】ファミリーにおすすめのスポット

次は小さな子供連れで行って楽しいスポットへ足を運んでみましょう。駅近でアクセス抜群の【エプソン 品川アクアスタジアム】です。海の生きものたちに触れ合うことができて子供達の喜ぶ顔を見ることができるでしょう。

【交通案内】
@【ホテルオークラ東京】:東京メトロ銀座線「虎ノ門」駅出口3より徒歩約10分/東京メトロ日比谷線「神谷町」駅出口4bより徒歩約10分/東京メトロ南北線・銀座線「溜池山王」駅出口13より徒歩約10分/東京メトロ南北線「六本木一丁目」駅より徒歩約10分
A【赤坂氷川神社】:東京メトロ千代田線「赤坂」駅より徒歩6分/東京メトロ日比谷線・都営大江戸線「六本木」駅より徒歩6分/東京メトロ南北線「六本木一丁目」駅より徒歩5分
B【エプソン 品川アクアスタジアム】:JR線・京急線「品川駅」高輪口より2分
C【ニュースアート】:都営大江戸線「汐留」駅7、8番出口より徒歩2分/新交通ゆりかもめ「新橋」駅2D出口より徒歩5分

ベストセレクトスポット
エプソン 品川アクアスタジアム

駅近で海の生きものに出会える

水族館にアトラクションやレストランが併設された、人気の複合エンターテインメント施設【エプソン 品川アクアスタジアム】。品川駅から徒歩2分という都心にあり、屋内型の施設で雨にぬれることなく、約350種、約1万点にもおよぶ、世界の海の生きものたちに出会えます。近海や深海、熱帯地域などで暮らす生きものたちがいる水槽や、海底散歩気分を味わえる長さ約20mの海中トンネルでは、生きものの姿をいろんな角度から間近で観察できます。ダイナミックなイルカのパフォーマンスやコミカルなアシカのパフォーマンス、ペンギンのお食事タイムでは、生きものたちのかわいい姿を楽しめます。 (写真提供:エプソン 品川アクアスタジアム)


  • 海中トンネルからの幻想的な眺め

  • イルカたちが優雅にパフォーマンスする姿は必見

※上記写真をクリックすると大きな写真が見れます。

インフォメーション

エプソン 品川アクアスタジアム
所在地 港区高輪4-10-30
交通 JR線・京急線「品川」駅高輪口より2分
ホームページ http://aquastadium.jp
TEL 03-5421-1111

周辺立ち寄りスポット
ユニセフハウス

子ども達とユニセフの活動を学ぶ

世界の子供たちの暮らしや、ユニセフの活動を学ぶことができる施設。2001年7月にオープンして以来、全国から毎年2万人以上が来館しており、2011年2月には、累計来館者が20万人を超えました。ユニセフの歴史を学んだり、世界の子供たちが学んでいる教室を見学できたり、銃や地雷のレプリカから、戦争のおそろしさを学ぶこともできます。また、戦争や災害から逃れてくる人たちを守るテントもあり、テントの中にはユニセフの支援物資のサンプルが置いてあります。ユニセフのグリーティングカードやギフトがお求めいただけるショップもあるので、施設を見学したあとに立ち寄ってみましょう。世界の子供達がどんな環境でどんな教育を受けているか、家族で一緒に学ぶことができるいい機会です。 (写真提供:公益財団法人日本ユニセフ協会)


  • 広々とした施設【ユニセフハウス】

  • 戦争や災害から逃れてくる人たちを守るテント

  • ギフトショップにはかわいらしいグッズがいっぱい

※上記写真をクリックすると大きな写真が見れます。

インフォメーション

ユニセフハウス
所在地 港区高輪4-6-12
交通 JR線・京急線「品川」駅より徒歩7分/都営浅草線「高輪台」駅より徒歩7分
ホームページ http://www.unicef.or.jp/
TEL 03-5789-2038

道中路地裏プチコラム
いちょう坂

品川プリンスホテルの中を通る坂

品川駅高輪口を出ると正面に見えるショッピングセンター「ウィング高輪」を抜けていき、【エプソン 品川アクアスタジアム】に向かう坂が「いちょう坂」です。品川プリンスホテルの中を通る坂道で、ホテル内に植えられた大きな銀杏の木からこの名がついたとも言われます。標識はありますが、坂名の由来の記述はありません。坂の両側にはイルカやアザラシやペンギンなど、海の生き物たちをかたどったモチーフがあり、ほっと和みます。


  • 「いちょう坂」の看板がひっそりと立てられている

※上記写真をクリックすると大きな写真が見れます。

ページの先頭へ戻る

Welcome港区TOPへ