観光モデルルートWelcome港区

港区内の穴場を探そう

観光ルート

  1. カップルにおすすめのスポット
  2. アクティブシニアにおすすめのスポット
  3. ファミリーにおすすめのスポット
  4. おひとりさまにおすすめのスポット

観光情報メールマガジン 「Welcome港区」 配信中!

メールマガジンの登録はこちら

この内容は、毎週木曜日にメールマガジンで配信しています。 お役立ち情報が満載!購読は無料です。まだ登録されていない方は今すぐコチラから!

【1】カップルにおすすめのスポット

まずは、「ホテルの御三家」と称される【ホテルオークラ東京】へと歩いていきましょう。ステイはもちろん、レストランやショッピングなども楽しめるスポット。東京に住んでいると、都内のホテルに泊まる機会がなかなかないので、訪れると新鮮ですよ。下見をしつつステイプランを考えるのもいいですね。フェアなどのイベントも行われているので要チェックです。

【交通案内】
@【ホテルオークラ東京】:東京メトロ銀座線「虎ノ門」駅出口3より徒歩約10分/東京メトロ日比谷線「神谷町」駅出口4bより徒歩約10分/東京メトロ南北線・銀座線「溜池山王」駅出口13より徒歩約10分/東京メトロ南北線「六本木一丁目」駅より徒歩約10分
A【赤坂氷川神社】:東京メトロ千代田線「赤坂」駅より徒歩6分/東京メトロ日比谷線・都営大江戸線「六本木」駅より徒歩6分/東京メトロ南北線「六本木一丁目」駅より徒歩5分
B【エプソン 品川アクアスタジアム】:JR線・京急線「品川駅」高輪口より2分
C【ニュースアート】:都営大江戸線「汐留」駅7、8番出口より徒歩2分/新交通ゆりかもめ「新橋」駅2D出口より徒歩5分

ベストセレクトスポット
ホテルオークラ東京

伝統ある老舗ホテル

昭和37年(1962)年に大倉財閥の2代目、大倉喜七郎により開業。日本を代表する老舗ホテルであり、国内外に広く、その名を知られています。【ホテルオークラ東京】を建設するにあたってのアコモデーションのテーマは「日本的建築美の創造」。それは、均衡のとれた様式美をもつ外観からも一目瞭然。外装のほか、内装・什器備品のデザインなどに、日本の文化や伝統、匠の技が見られます。ホテルとしての利用はもちろん、ホテル内のレストラン「テラスレストラン」では、世界各国の料理をアレンジした多彩なメニューを楽しむことができます。カップルの散策のスタートに、ゆったりと遅めの朝食をとってみてはいかがでしょうか。窓からは和風庭園が眺められ、おいしい料理とともに優雅なひとときを過ごすことができます。 (写真提供:ホテルオークラ東京)


  • 朝食ブッフェスタイルは盛りだくさんだ

  • 広々としたレストランで優雅に朝食を

※上記写真をクリックすると大きな写真が見れます。

インフォメーション

ホテルオークラ東京
所在地 港区虎ノ門2-10-4
交通 東京メトロ銀座線「虎ノ門」駅出口3より徒歩約10分/東京メトロ日比谷線「神谷町」駅 出口4bより徒歩約10分/東京メトロ南北線・銀座線「溜池山王」駅出口13より徒歩約10分/東京メトロ南北線「六本木一丁目」駅より徒歩約10分
ホームページ http://www.hotelokura.co.jp/tokyo/
TEL 03-3582-0111(代表)

周辺立ち寄りスポット
青松寺

曹洞宗の宗政を司った「江戸三箇寺」の1つ

江戸時代に曹洞宗の宗政を司った3カ所の寺院「江戸三箇寺」の1つで、1476年に創建されました。当初は麹町貝塚(今の国立劇場のあたり)にあり、「江戸貝塚青松寺」と称され、1600年、徳川家康公が江戸城の外堀をつくる際に現在の地に移りました。その後は、長州藩、津和野藩などが、江戸で藩主や家臣が死去した際の香華寺とし、信仰を集めました。その堂々とした佇まいの門には、仏法を護持する四天王も見られます。ユニークな邪鬼たちを眺めつつ門をくぐると、清浄なる境内が目の前に広がります。静かな境内をゆっくりと散策しながら、江戸時代に思いを馳せてみましょう。


  • 何度か焼失に遭い、昭和31年に再建された青松寺の鐘楼

  • 坐禅堂の脇をふっと見ると龍の噴水を発見

  • 本堂を正面にし左側を見ると東京タワーのてっぺんが見える

※上記写真をクリックすると大きな写真が見れます。

インフォメーション

青松寺
所在地 港区愛宕2-4-7
交通 東京メトロ日比谷線「神谷町」駅3番出口より徒歩8分/都営三田線「御成門」駅A5出口より徒歩5分
ホームページ http://www5.ocn.ne.jp/~seishoji/
TEL 03-3431-3514

道中路地裏プチコラム
江戸見坂

江戸が一望できたことでこの名が付けられた

坂が多い港区のなかでも急な坂道のこの坂は、江戸の中心部に市街がひらけて以来、その大半を眺望することができたために名付けられたといわれています。今では、この辺りはオフィスビルなどが多く立ち並び、大半を眺望するのは難しくなってしまいましたが、江戸時代に街のほとんどが見られたなんて、想像するとなんだか不思議ですね。

  • 結構急な坂なので、男性にサポートしてもらいながら上っていきましょう

※上記写真をクリックすると大きな写真が見れます。

ページの先頭へ戻る

Welcome港区TOPへ