観光モデルルートWelcome港区

あの名場面を追いかけて!ロケ地巡り

観光ルート

  1. カップルにおすすめのスポット
  2. ファミリーにおすすめのスポット
  3. アクティブシニアにおすすめのスポット
  4. おひとりさまにおすすめのスポット
  5. 修学旅行におすすめのスポット

観光情報メールマガジン 「Welcome港区」 配信中!

メールマガジンの登録はこちら

この内容は、毎週木曜日にメールマガジンで配信しています。 お役立ち情報が満載!購読は無料です。まだ登録されていない方は今すぐコチラから!

【5】修学旅行におすすめのスポット

最後は修学旅行におすすめのスポットに行ってみましょう。初夏の季節は、都内でも制服姿の団体があちこちで見かけられ、懐かしい気持ちになる人も多いのではないでしょうか。港区には、修学旅行生に人気のある、「これぞ東京」と言えるスポットが多くあります。

【交通案内】
@【パティオ十番】:都営大江戸線「麻布十番」駅7出口より徒歩3分/東京メトロ南北線「麻布十番」4出口より徒歩3分
A【お台場海浜公園】:新交通ゆりかもめ「お台場海浜公園駅」より徒歩3分/新交通ゆりかもめ「台場駅」より徒歩3分/りんかい線 「東京テレポート」より徒歩7分
B【愛宕神社】:東京メトロ日比谷線「神谷町」駅より徒歩5分/東京メトロ銀座線「虎ノ門」駅より徒歩8分/都営三田線「御成門」駅より徒歩8分/JR線「新橋」駅より徒歩20分
C【六本木ヒルズアリーナ】:東京メトロ日比谷線「六本木」駅1C出口直結/都営大江戸線「六本木」駅3出口より徒歩4分/都営大江戸線「麻布十番」駅7出口より徒歩5分/東京メトロ南北線「麻布十番」駅4出口より徒歩8分
D【東京タワー】:都営大江戸線「赤羽橋」駅赤羽橋口より徒歩5分/東京メトロ日比谷線「神谷町駅」1出口より徒歩7分/都営三田線「御成門」駅A1出口より徒歩6分/都営浅草線「大門」駅A6出口より徒歩10分/JR線「浜松町」駅北口より徒歩15分

ベストセレクトスポット
東京タワー

東京観光の定番スポット

昭和33(1958)年に開業した、高さ333mの【東京タワー】。高さ150mに大展望台、250mに特別展望台があり、新宿副都心や六本木ヒルズ、東京スカイツリーなど東京のランドマークや街並みを一望できます。晴れた日には、富士山も望め、修学旅行生にとっては、東京を含む関東エリアを俯瞰で見て理解できる、学びのスポットといえます。また、展望台からの眺望ばかりでなく、タワー自体を眺めることもお忘れなく。【東京タワー】は、東京を代表するロケ地の定番で『ダーティ・ママ』『ラッキーセブン』『花より男子2』などさまざまなドラマの名場面を飾った場所でもあります。なかでも、夜景のタワーが登場するシーンは多いですね。あの美しい夜景には、さまざまな工夫と秘密があるのをご存知ですか?【東京タワー】は、「ランドマークライト」と「ダイヤモンドヴェール」という2種類のライトアップを日時によって使い分けています。「ランドマークライト」は、180個のライトがタワーを浮かび上がらせる定番のライトアップで、「ダイヤモンドヴェール」は、全部で17段ある光の階層をそれぞれが7色に変化し、タワーから外に向かって光を発するライトアップです。こちらは、イベントにちなんで設定される企画性の高いライトアップです。公式サイト内「ライトアップ」ページで、ライトアップスケジュールを確認できるのでチェックしてみましょう。こんな風に、「光」に注目して【東京タワー】を学んでみるのも楽しいはず。また、展望台より下にあるフットタウンには、東京タワー水族館や蝋人形館、ギフトショップなどもあり、さまざまな楽しみかたができます。
(写真提供:東京タワー)


  • 【展望台からの眺めは格別。富士山が見られたらラッキー!

  • 公式サイトでライトアップスケジュールをチェック!どんなライトアップが見られるかな?

  • 土日・祝日なら外階段を使って展望台へ上ることもできる

※上記写真をクリックすると大きな写真が見れます。

インフォメーション

東京タワー
所在地 港区芝公園4-2-8
交通 都営大江戸線「赤羽橋」駅赤羽橋口より徒歩5分/東京メトロ日比谷線「神谷町駅」1出口より徒歩7分/都営三田線「御成門」駅A1出口より徒歩6分/都営浅草線「大門」駅A6出口より徒歩10分/JR線「浜松町」駅北口より徒歩15分
ホームページ http://www.tokyotower.co.jp
TEL 03-3433-5111

周辺立ち寄りスポット
讃岐小白稲荷神社

鳥居が2つある珍しい神社

大門や大門駅の交差点を通り過ぎると世界貿易センタービル前交差点にぶつかります。交差点を右折し、世界貿易センターを左に見ながら直進しましょう。通りにぶつかったら左折し、またすぐの角を右折します。ほどなくすると、左手に2つの鳥居が並ぶ【讃岐小白稲荷神社】が見えてきます。ここは讃岐稲荷と小白稲荷の2つの稲荷神社が1箇所にあります。元々は讃岐稲荷がこの場所にあり、昭和13年にこの周辺の区画整理のため、小白稲荷もこの場所に移されて、以来2つの稲荷が合祀されているとのことです。


  • 「讃岐稲荷神社」と「小白稲荷神社」の二社を合祀した珍しい稲荷神社。鳥居が2つ並ぶ姿は、なかなか珍しい

  • 境内にある「力石」は、江戸時代に漁師や職人たちが力自慢に使ったもの。江戸時代のにぎやかさが聞こえてくるようだ

  • きちんと並んだ2つの本堂も、どこかかわいらしい

※上記写真をクリックすると大きな写真が見れます。

インフォメーション

讃岐小白稲荷神社
所在地 港区浜松町2-9-8
交通 JR線「浜松町」駅より徒歩3分/都営大江戸線「大門」駅より徒歩6分
TEL 03-3437-2720

道中路地裏プチコラム
水上バス

お台場など湾岸エリアの地形を楽しみながら学べる

隅田川や東京湾内を運航している【水上バス】。浅草、浜離宮、日の出桟橋、豊洲、晴海、お台場海浜公園、パレットタウン、東京ビッグサイトを発着場所とし、隅田川ライン、浅草・お台場直通ライン、お台場ライン、東京ビッグサイト・パレットタウンライン、御座船 安宅丸・将軍航路と現在合計5つのラインで運航中です。なかでも、日の出桟橋とお台場海浜公園を結ぶラインは、【東京タワー】や「増上寺」を見学した後、お台場方面へ移動する足として、修学旅行におすすめのルートです。船で移動すること自体を楽しめますし、船からは、東京スカイツリーと【東京タワー】の2大タワーを眺められ、湾岸エリアの地形を学ぶのにも最適です。お台場に近づけば、お台場全体を広角で眺めることができ、お台場の地理を体感しながら学べます。


  • 船が来るまで、お台場の景色をバックに記念撮影を済ませておこう

  • 船後方からは、日の出桟橋の倉庫群が見える。船後方からは、日の出桟橋の倉庫群が見える。

  • レインボーブリッジを間近で観察できるのも【水上バス】ならでは

※上記写真をクリックすると大きな写真が見れます。

ページの先頭へ戻る

Welcome港区TOPへ