観光モデルルートWelcome港区

坂を歩けば名所に当たる!?みなと新名所、旧跡巡り

観光ルート

  1. 麻布台エリアを歩く
  2. 六本木エリアを歩く
  3. 元麻布・南麻布エリアを歩く
  4. 赤坂エリアを歩く

観光情報メールマガジン 「Welcome港区」 配信中!

メールマガジンの登録はこちら

この内容は、毎週木曜日にメールマガジンで配信しています。 お役立ち情報が満載!購読は無料です。まだ登録されていない方は今すぐコチラから!

【3】元麻布・南麻布エリアを歩く

閑静な住宅街が立ち並ぶこのエリア。美しい都心のオアシスで知られる【有栖川宮記念公園】へと行ってみましょう。このあたりも多くの坂が行き来しており、行く道すがらでも坂に多く出合えるでしょう。港区の坂には必ず由来板が立てられているので、写真に収めつつ歩いても楽しいですね。

【交通案内】
@【六本木ヒルズ】:東京メトロ日比谷線「六本木」駅1C出口直結/都営大江戸線「六本木」駅3出口より徒歩4分/都営大江戸線「麻布十番」駅7出口より徒歩5分/東京メトロ南北線「麻布十番」駅4出口より徒歩8分
A【乃木神社】:東京メトロ千代田線「乃木坂」駅より徒歩1分/都営大江戸線「六本木」駅より徒歩6分/東京メトロ日比谷線「六本木」駅より徒歩8分/東京メトロ半蔵門線・銀座線・都営大江戸線「青山一丁目」駅より徒歩8分
B【有栖川宮記念公園】:東京メトロ日比谷線「広尾」駅より徒歩3分
C【十番稲荷神社】:都営大江戸線「麻布十番」駅7番出口より徒歩0分/東京メトロ南北線「麻布十番」駅4番出口より徒歩5分

ベストセレクトスポット
有栖川宮記念公園

自然いっぱいの憩いの空間

江戸時代、盛岡南部藩の下屋敷として使われていたこの地は、明治29(1896)年に有栖川宮の御用地となり、大正2(1913)年に高松宮御用地になりました。そして、昭和9(1934)年に東京市に賜与され、【有栖川宮記念公園】として開園しました。麻布台地の変化に富んだ地形を活かし、丘や渓流、池などのある日本庭園があります。ファミリーにもうれしい、遊具が置かれた児童コーナーや広場も人気です。そして春にはウメやサクラ、夏にはアジサイなどの花々、秋にはカエデやモミジの紅葉、冬には雪景色と、四季折々の美しさを堪能できます。


  • 園内には都立中央図書館もある

  • 園内で見つけた桜の解説板。ぜひ桜の季節にも訪れて欲しい

  • 池や滝などもあり、園内散策も楽しい

※上記写真をクリックすると大きな写真が見れます。

インフォメーション

有栖川宮記念公園
所在地 港区南麻布5-7-29
交通 東京メトロ日比谷線「広尾」駅より徒歩3分
ホームページ http://www.city.minato.tokyo.jp/sisetu/koenyuen/koen/azabu/arisugawa/index.html
TEL 03-5114-8803

周辺立ち寄りスポット
仙台坂

ゆっくりと景色を楽しんで歩こう

「善福寺」の参道を戻り右に出て、突き当たりの信号を右に曲がると「仙台坂」が見えてきます。「仙台坂」は、坂の南部一帯が仙台藩伊達家の下屋敷だったことからその名がついたとされます。長く続く坂道である上、途中から傾斜がきつくなっていきます。


  • 「仙台坂」も交通量が多い道。バス通りでもある

  • 坂上から見下ろすと、傾斜と坂の長さがよくわかる

※上記写真をクリックすると大きな写真が見れます。

インフォメーション

仙台坂
所在地 港区南麻布一丁目と元麻布一丁目の間

道中路地裏プチコラム
ドイツ大使館の壁面ギャラリー

外壁がそのままギャラリーに

【有栖川宮記念公園】に沿っている「南部坂」を挟んで公園の向かい側には、ドイツ大使館があります。ドイツ大使館の外壁はギャラリーとしても使われていて、写真展などが行われるので、写真や展示パネルなどを見ながら歩くのも楽しいですね。以前はベルリンの壁崩壊20周年を記念した展示などもされました。


  • ドイツ大使館の外壁。
    撮影時は、日本とドイツの交流についての展示になっていました

※上記写真をクリックすると大きな写真が見れます。

ページの先頭へ戻る

Welcome港区TOPへ