観光モデルルートWelcome港区

坂を歩けば名所に当たる!?みなと新名所、旧跡巡り

観光ルート

  1. 麻布台エリアを歩く
  2. 六本木エリアを歩く
  3. 元麻布・南麻布エリアを歩く
  4. 赤坂エリアを歩く

観光情報メールマガジン 「Welcome港区」 配信中!

メールマガジンの登録はこちら

この内容は、毎週木曜日にメールマガジンで配信しています。 お役立ち情報が満載!購読は無料です。まだ登録されていない方は今すぐコチラから!

【1】麻布台エリアを歩く

港区には坂道が多く、その先に名所がたくさん存在しています。まずは麻布台エリアへ。東京の名所といえば欠かせない、【六本木ヒルズ】へ向かいましょう。周辺には、「六本木けやき坂通り」と呼ばれるゆるやかな坂があります。アート作品やブランドショップが立ち並び、洗練された空間です。カメラを片手にゆっくりとみながら散策していきましょう。

【交通案内】
@【六本木ヒルズ】:東京メトロ日比谷線「六本木」駅1C出口直結/都営大江戸線「六本木」駅3出口より徒歩4分/都営大江戸線「麻布十番」駅7出口より徒歩5分/東京メトロ南北線「麻布十番」駅4出口より徒歩8分
A【乃木神社】:東京メトロ千代田線「乃木坂」駅より徒歩1分/都営大江戸線「六本木」駅より徒歩6分/東京メトロ日比谷線「六本木」駅より徒歩8分/東京メトロ半蔵門線・銀座線・都営大江戸線「青山一丁目」駅より徒歩8分
B【有栖川宮記念公園】:東京メトロ日比谷線「広尾」駅より徒歩3分
C【赤坂サカス】:東京メトロ千代田線「赤坂」駅より直結/東京メトロ丸の内線・銀座線「赤坂見附」駅ベルビー赤坂方面出口より徒歩8分/東京メトロ銀座線・南北線「溜池山王」駅7番出口より徒歩7分

ベストセレクトスポット
六本木ヒルズ

自分なりの楽しみ方で満喫できる

複合施設である【六本木ヒルズ】は、六本木エンターテインメントの中心を担う存在であり、六本木の新名所のひとつと言っても過言ではありません。ショップやレストランはもちろん、展望台や美術館、映画館、庭園など多彩なスポットが詰まっています。各スポットを満喫しながら、レストランやカフェでひと息つき、お腹がいっぱいになったら、敷地内を散策する……など1日を使って有意義に楽しむことも可能です。例えば、こんな楽しみ方はいかがでしょう?夕方ごろ「東京シティビュー」に入場し、海抜250mの高さにある屋内展望台から夕景を堪能。その後、夜になるまで同チケットで入場できる「森美術館」でアート鑑賞を。鑑賞後、再び「東京シティビュー」に戻り、別途300円を払ってオープンエアの屋外展望台「スカイデッキ」へ。冬の澄んだ空気でクリアに見える東京夜景を眺める。このように、ショッピングや食事以外の楽しみ方ができるのも【六本木ヒルズ】ならではです。自分なりの過ごし方を見つけてみるのも、楽しいですね。


  • 森タワーは【六本木ヒルズ】のシンボル的存在。展望台「東京シティビュー」は、このタワーの52Fと屋上にある

  • 毛利池を中心とした回遊式日本庭園の「毛利庭園」
    ※本人(女性)のみの授与となる

  • 「六本木けやき坂通り」の両サイドには、アート作品とブランドショップが並ぶ。そぞろ歩きにはもってこいの通りといえる

※上記写真をクリックすると大きな写真が見れます。

インフォメーション

六本木ヒルズ
所在地 港区六本木6-10-1ほか
交通 東京メトロ日比谷線「六本木」駅1C出口直結/都営大江戸線「六本木」駅3出口より徒歩4分/都営大江戸線「麻布十番」駅7出口より徒歩5分/東京メトロ南北線「麻布十番」駅4出口より徒歩8分
ホームページ http://www.roppongihills.com/
TEL 03-6406-6000ほか

周辺立ち寄りスポット
狸穴坂(まみあなざか)

周りの喧噪を忘れる静かな坂

麻布台2丁目と麻布狸穴町との境界となっている坂で、ロシア大使館の西側から南に下っている長い坂です。住宅地に囲まれた静かな場所で、周りの喧噪を忘れさせてくれます。「まみ」とは雌ダヌキ・ムササビまたはアナグマの類で、昔その穴(まぶ)が坂下にあったことがこの坂の名前の由来とか。採鉱の穴であったという説もあります。


  • 坂下から見た図。狸(まみ)とは、雌ダヌキやムササビ、アナグマの類を指す。
    坂下にそれらの穴と思われるものがあったことに由来

  • 「狸穴坂」の坂上から見た図。実際に上ってみると予想以上に長く勾配がある

※上記写真をクリックすると大きな写真が見れます。

インフォメーション

狸穴坂
所在地 麻布台2丁目と麻布狸穴町の間

道中路地裏プチコラム
永坂荘

立派な石段造りが目を引く

三菱東京UFJ銀行が所有する施設。元は旧東京銀行が所有していた建物で、特別なゲストを招く施設として利用されています。周辺にはお屋敷ともいえる高級住宅街で、都心とは思えないほど静寂な雰囲気につつまれています。散策するだけでリッチな気分が味わえそうですね。


  • 立派な石垣の上にひっそりと佇んでいる

※上記写真をクリックすると大きな写真が見れます。

ページの先頭へ戻る

Welcome港区TOPへ