今年はどんな一年にする? ○○祈願!神社仏閣巡り

感動の絶景!ナイトビュースポット巡り

観光ルート

  1. 虎ノ門・溜池エリアを歩く
  2. 芝エリアを歩く
  3. 赤坂・六本木エリアを歩く
  4. 麻布十番エリアを歩く

観光情報メールマガジン 「Welcome港区」 配信中!

メールマガジンの登録はこちら

この内容は、毎週木曜日にメールマガジンで配信しています。 お役立ち情報が満載!購読は無料です。まだ登録されていない方は今すぐコチラから!

【4】麻布十番エリアを歩く

最後は麻布十番エリアへと向かいましょう。古くからのお店や商店街も多くあるこのエリアは散策するにはもってこい。麻布十番の駅を下りてほどなくするとある【十番稲荷神社】をご紹介します。麻布十番駅7番出口を出たら右へ。出口のすぐ右隣りに立つのがこの神社。大通り沿いの都会のど真ん中にある神社です。
冬の凜とした空気に身を置き、美しい景色を見ながら清々しい気分で散歩を楽しめます。寒いので防寒も忘れずにいきたいですね。

【交通案内】
@【虎ノ門 金刀比羅宮】:東京メトロ銀座線「虎ノ門」駅2番出口より徒歩1分
A【愛宕神社】:東京メトロ日比谷線「神谷町」駅より徒歩5分/東京メトロ銀座線「虎ノ門」駅より徒歩8分/都営三田線「御成門」駅より徒歩8分/JR線「新橋」駅より徒歩20分
B【豊川稲荷東京別院】:地下鉄銀座線・丸の内線「赤坂見附」駅赤坂見附交差点方面出口より徒歩5分/地下鉄有楽町線・半蔵門線・南北線「永田町」駅7番出口より徒歩5分
C【十番稲荷神社】:都営大江戸線「麻布十番」駅7番出口より徒歩0分/東京メトロ南北線「麻布十番」駅4番出口より徒歩5分

ベストセレクトスポット
十番稲荷神社

港七福神宝船と「かえるさん」で親しまれる

港区の七福神めぐりは、一般的な七福神のほか、ここ【十番稲荷神社】にある宝船を含めた計8カ所をまわるルートで構成されています。衣食住と商売繁盛の神・倉稲魂命(うかのみたまのみこと)、難局打開と武運長久の神・日本武尊(やまとたけるのみこと)の2神に学芸芸能と美の神々・宗像三女神を加え、祀っています。宝船と並び有名なのが、「かえるさん」と呼ばれているカエルの石像。これは、江戸時代にこのあたりで起こった大火に由来します。ほとんどの家が焼けたにも関わらず、がま池があった備中成羽(現在の岡山県西部)の領主、山崎主税助(やまさきちからのすけ)邸のみが焼失から免れ、がま池のカエルが水を吹きかけたからだと噂に。それ以降、山崎家では「上」と書いたお札を授与するようになりました。今日では、防火や火傷のお守りとしてだけでなく、「カエル」という発音から「無事帰る」に転じ、旅行安全祈願や病気平癒などの目的でカエルのお守りを求める人も増えています。


  • かつての鳥居は、喜劇王・エノケン(榎本健一)が奉納したことで有名。
    現在の鳥居は建て替えられたものだが、左柱の裏に名前が残っている

  • 鳥居の右側にある、かえるの石像。道行く人が水をかけては祈願していく

  • 宝船は鳥居の左側。ひとりひとりの表情が豊かで、見ているだけで福が舞い込みそう

※上記写真をクリックすると大きな写真が見れます。

インフォメーション

十番稲荷神社
所在地 港区麻布十番1-4-6
交通 都営大江戸線「麻布十番」駅7番出口より徒歩0分/東京メトロ南北線「麻布十番」駅4番出口より徒歩5分
ホームページ http://www.jubaninari.or.jp/
TEL 03-3583-6250

周辺立ち寄りスポット
十番商店街

古くからの名店も数多くある

【十番稲荷神社】を背にして目の前の横断歩道を渡り、そのまま雑式通りを直進しましょう。ゆるい下り坂を歩いていけば、飲食店などが並ぶ麻布十番商店街エリアへ突入です。商店街には、新旧ともに飲食店が多く、どこに入ろうか迷ってしまうほど。おいしい匂いに誘われながら、まっすぐ進みましょう。有名店も数多くあるので、ちょっとした手みやげを買うにもいい店が見つかるはず。


  • 「豆源」のある交差点手前右側にあるドーナツ店「nico」。
    ドリンクなしでも食べられるヘルシードーナツとして人気

  • ごま油の香りが食欲を刺激する老舗豆菓子店「豆源」

  • 「豆源」から1つ先の右角にある、手焼きにこだわる人形焼きの老舗「紀文堂」

※上記写真をクリックすると大きな写真が見れます。

インフォメーション

十番商店街
所在地 港区芝公園4-2-8
交通 都営大江戸線「麻布十番」駅下車/東京メトロ南北線「麻布十番」駅下車
ホームページ http://www.azabujuban.or.jp/
TEL 03-3451-5812

道中路地裏プチコラム
一本松のある4本の坂道がぶつかる交差点

4本の坂道が出合うおもしろい地形

十番商店街のシンボル的スポット「パティオ麻布十番」のある交差点を右に曲がる道が「大黒坂」。この坂を進んでいくと、1本の背の高い松が立つ、変形した十字路へ出ます。ここは、合計4本の坂道がぶつかる交差点となっていて 街歩きを楽しくしてくれるスポットといえます。背の高い松は「一本松」と呼ばれ、地元の人に親しまれています。


  • 「大黒坂」の先に続く坂道が「一本松坂」

  • 「一本松坂」の始点部分に高くそびえるのが「一本松」だ

  • 「大黒坂」を上りきると右に見えるのが「暗闇坂」
    暗くなるほど樹木が茂っていたためこの名がついた

※上記写真をクリックすると大きな写真が見れます。

ページの先頭へ戻る

Welcome港区TOPへ