観光モデルルートWelcome港区

今年はどんな一年にする? ○○祈願!神社仏閣巡り

観光ルート

  1. 虎ノ門・溜池エリアを歩く
  2. 芝エリアを歩く
  3. 赤坂・六本木エリアを歩く
  4. 麻布十番エリアを歩く

観光情報メールマガジン 「Welcome港区」 配信中!

メールマガジンの登録はこちら

この内容は、毎週木曜日にメールマガジンで配信しています。 お役立ち情報が満載!購読は無料です。まだ登録されていない方は今すぐコチラから!

【3】赤坂・六本木エリアを歩く

数々の有名スポットがある赤坂・六本木エリアですが、ときには少し視点をずらして、路地裏散歩を楽しみながら神社仏閣を巡るのもいいですね。【豊川稲荷東京別院】へと足を運んでみましょう。赤坂見附駅のB出口を出たら青山通り沿いを直進すると、たくさんの赤い提燈が目を引く【豊川稲荷東京別院】が見えてきます。

【交通案内】
@【虎ノ門 金刀比羅宮】:東京メトロ銀座線「虎ノ門」駅2番出口より徒歩1分
A【愛宕神社】:東京メトロ日比谷線「神谷町」駅より徒歩5分/東京メトロ銀座線「虎ノ門」駅より徒歩8分/都営三田線「御成門」駅より徒歩8分/JR線「新橋」駅より徒歩20分
B【豊川稲荷東京別院】:地下鉄銀座線・丸の内線「赤坂見附」駅赤坂見附交差点方面出口より徒歩5分/地下鉄有楽町線・半蔵門線・南北線「永田町」駅7番出口より徒歩5分
C【十番稲荷神社】:都営大江戸線「麻布十番」駅7番出口より徒歩0分/東京メトロ南北線「麻布十番」駅4番出口より徒歩5分

ベストセレクトスポット
豊川稲荷東京別院

さまざまなご利益がある神仏が集まる

【豊川稲荷東京別院】は、大岡越前守忠相公が自邸に祀っていたご尊像を明治20(1887)年に現在の地へ奉遷し、愛知県豊川閣の直轄の別院となりました。本殿には豊川叱枳尼真天(とよかわだきにしんてん)が祀られています。そのほか境内には、千本のぼりが並ぶ奥の院、子宝を授けてくれるという子宝観音、財宝を生む融通稲荷尊天、すべての悪縁を切り開運招福を授けてくれる叶稲荷、音楽や弁才・知恵をつかさどる弁財天、商売繁盛や円満な対人関係をもたらすとされる三神殿、7体が一堂に鎮座する七福神などがあります。さまざまなご利益がある神仏様が集まっていることもあり、多くの人たちから親しまれています。また、芸道を生業にする人々からの信仰も厚く、現在でも芸能関係者やスポーツ関係者からの信仰を集めていることでも知られています


  • 豊川叱枳尼真天が祀られている本殿

  • 山門を入って右側にある子宝観音

  • 大岡越前守忠相公の廟もある
    (写真提供:豊川稲荷東京別院)

※上記写真をクリックすると大きな写真が見れます。

インフォメーション

豊川稲荷東京別院
所在地 港区元赤坂1-4-7
交通 地下鉄銀座線・丸の内線「赤坂見附」駅赤坂見附交差点方面出口より徒歩5分/地下鉄有楽町線・半蔵門線・南北線「永田町」駅7番出口より徒歩5分
TEL 03-3408-3414

周辺立ち寄りスポット
出雲大社東京分祠

素敵な出会いが期待できるかも

縁結びの神様として知られる島根県出雲市の「出雲大社」。ここ港区の六本木でも、参拝することができるのが、出雲大社東京分祠。分祠とは「本社と同じ祭神を、別に神社を設けてまつること」を指します。縁結びを祈願したい人には、はずせないスポットです。男女間のご縁だけでなく、「全てが良い方向に向かうように縁をつなぐ」という意味が込められているそうです。その他、家内安全、商売繁盛、交通安全など様々な祈願をすることができます。


  • モダンな建物の「出雲大社東京分祠」

※上記写真をクリックすると大きな写真が見れます。

インフォメーション

出雲大社東京分祠
所在地 東京メトロ日比谷線「六本木」駅2番出口より徒歩約1分/都営大江戸線「六本木」駅7番出口より徒歩約3分
ホームページ http://www.izumotaisya-tokyobunshi.com/
TEL 03-3401-9301

道中路地裏プチコラム
三分坂&築地塀

急坂を下った先のお寺に残る江戸の寺院の名残

TBS放送センターから伸びる坂で、港区のなかでも最も急な坂として知られている「三分坂」。「さんぷんさか」と読み、急坂のため通る車賃を銀三分(100円余)増したためその名が付いたといわれています。坂を下ったところにある報土寺には、港区の有形文化財に指定されている「築地塀(練塀)」が残されています。また、この報土寺には、最強力士とうたわれた江戸時代の力士、雷電為右衛門のお墓もあります。


  • 坂の入口にある「三分坂」の碑。この先を右へ下る

  • いわれが納得できるほどの急坂

  • 江戸の寺院の姿を今に伝える貴重な建造物「築地塀(練塀)」

※上記写真をクリックすると大きな写真が見れます。

ページの先頭へ戻る

Welcome港区TOPへ