観光モデルルートWelcome港区

感動の絶景!ナイトビュースポット巡り

観光ルート

  1. 六本木エリアを歩く
  2. 赤坂エリアを歩く
  3. 台場エリアを歩く
  4. 芝公園〜品川エリアを歩く
  5. 汐留エリアを歩く

観光情報メールマガジン 「Welcome港区」 配信中!

メールマガジンの登録はこちら

この内容は、毎週木曜日にメールマガジンで配信しています。 お役立ち情報が満載!購読は無料です。まだ登録されていない方は今すぐコチラから!

【2】赤坂エリアを歩く

次は赤坂エリアへと向かいましょう。飲食店が多く並ぶこのエリアは、遅い時間になっても多くの人で賑わっています。今回はイベント、演劇、音楽から食事まで楽しめる複合エンタテインメント空間【赤坂サカス】のイルミネーションをご紹介します。賑わう街並みの中、イルミネーションを見ながら散歩していると、楽しい気分になってくること間違いなしです。

【交通案内】
@【六本木ヒルズ】:東京メトロ日比谷線「六本木」駅1C出口直結/都営大江戸線「六本木」駅3出口より徒歩4分/都営大江戸線「麻布十番」駅7出口より徒歩5分/東京メトロ南北線「麻布十番」駅4出口より徒歩8分
A【赤坂サカス】:東京メトロ千代田線「赤坂」駅直結/東京メトロ丸ノ内線・銀座線「赤坂見附」駅ベルビー赤坂方面出口より徒歩8分/東京メトロ銀座線・南北線「溜池山王」駅7番出口より徒歩7分
B【アクアシティお台場】:新交通ゆりかもめ「台場」駅より徒歩1分/りんかい線「東京テレポート」駅より徒歩約6分
C【竹芝客船ターミナル】:新交通ゆりかもめ「竹芝」駅直結/JR線「浜松町」駅より徒歩8分/都営大江戸線・浅草線「大門」駅より徒歩11分
D【世界貿易センタービルディング シーサイド・トップ展望台】:JR線・東京モノレール「浜松町」駅直結/都営浅草線・大江戸線「大門」駅B3出口直結

ベストセレクトスポット
赤坂サカス

2011年のイルミネーションのテーマは「和」

TBS放送センターを中心に、赤坂BLITZ、赤坂ACTシアター、Sacas広場、赤坂Bizタワーから成る、複合エンタテインメント空間【赤坂サカス】は、イベント、演劇、音楽から食事まで幅広く楽しむことができるスポット。冬の季節は、イベント「White Sacas」で盛り上がります。2011年のイルミネーションは「和」がテーマ。優美で日本情緒あふれる「竹あかり」が幻想的な雰囲気を演出し、「和みの世界」を堪能できます。また、屋外スケートリンク"ALPHARD RINK"も設置され、スケート教室やスケートショーなどのイベントも開催。冬ならではのエンタテインメントが楽しめます。


  • やわらかい光を灯す「竹あかり」のイルミネーション
    (写真提供:赤坂サカス)

  • 仲通りの天空のイルミネーションも必見。
    美しく輝く光の下を歩くことができる
    (写真提供:赤坂サカス)

  • 屋外スケートリンク。その大きさは都内最大級!
    (写真提供:赤坂サカス)

※上記写真をクリックすると大きな写真が見れます。

インフォメーション

赤坂サカス
所在地 港区赤坂5-3
交通 東京メトロ千代田線「赤坂」駅直結/東京メトロ丸ノ内線・銀座線「赤坂見附」駅ベルビー赤坂方面出口より徒歩8分/東京メトロ銀座線・南北線「溜池山王」駅7番出口より徒歩7分
ホームページ http://sacas.net/

周辺立ち寄りスポット
国立新美術館

国内最大級のスペースでアートに触れる

日本で5館目の国立美術館として2007年に開館。2012年1月より開館5周年イベントが開催されています。国立新美術館は、国内最大級の展示スペースを生かした多彩な展覧会のほか、ライブラリーや教育普及活動など、アートセンターとしての役割を果たす新しいタイプの美術館。館内にはミュージアムショップやレストラン、カフェが併設されており、多岐にわたってアートに触れることができる施設です。


  • 建物は黒川紀章氏設計で、その姿は美しく印象的

※上記写真をクリックすると大きな写真が見れます。

インフォメーション

国立新美術館
所在地 港区六本木7-22-2
交通 東京メトロ千代田線「乃木坂」駅6出口直結/都営大江戸線「六本木」駅7出口より徒歩約4分/東京メトロ日比谷線「六本木駅」4a出口より徒歩約5分
ホームページ http://www.nact.jp/
TEL 03-5777-8600 (ハローダイヤル)

道中路地裏プチコラム
三分坂

港区内でも最も勾配の急な坂

TBS放送センターから伸びる坂で、港区のなかでも最も急な坂として知られています。名前の由来を示す説明板によると、急な坂のため、通る車賃が銀三分(さんぷん=百円あまり)増したため、この名前がついたと言われています。また、坂下の渡し賃一分に対していったとの説もあるそう。坂の多い港区の中でも特に急な坂と言われるだけあり、その傾斜はかなりのもの。チャレンジしてみる価値ありです。


  • 坂の多い港区のなかでも、最も急坂として知られている

※上記写真をクリックすると大きな写真が見れます。

ページの先頭へ戻る

Welcome港区TOPへ