観光モデルルートWelcome港区

感動の絶景!ナイトビュースポット巡り

観光ルート

  1. 六本木エリアを歩く
  2. 赤坂エリアを歩く
  3. 台場エリアを歩く
  4. 芝公園〜品川エリアを歩く
  5. 汐留エリアを歩く

観光情報メールマガジン 「Welcome港区」 配信中!

メールマガジンの登録はこちら

この内容は、毎週木曜日にメールマガジンで配信しています。 お役立ち情報が満載!購読は無料です。まだ登録されていない方は今すぐコチラから!

【1】六本木エリアを歩く

まずは六本木エリアへ。六本木といえば、東京でも有数のナイトビュースポット【六本木ヒルズ】へ行ってみましょう。六本木エンターテインメントの中心を担う存在だけあり、プレゼント選びにショッピングをする人、レストランでディナーを楽しむ人、イルミネーションを楽しむカップル……、と多くの人々で賑わっており、一段と華やかなムードが満載です

【交通案内】
@【六本木ヒルズ】:東京メトロ日比谷線「六本木」駅1C出口直結/都営大江戸線「六本木」駅3出口より徒歩4分/都営大江戸線「麻布十番」駅7出口より徒歩5分/東京メトロ南北線「麻布十番」駅4出口より徒歩8分
A【赤坂サカス】:東京メトロ千代田線「赤坂」駅直結/東京メトロ丸ノ内線・銀座線「赤坂見附」駅ベルビー赤坂方面出口より徒歩8分/東京メトロ銀座線・南北線「溜池山王」駅7番出口より徒歩7分
B【アクアシティお台場】:新交通ゆりかもめ「台場」駅より徒歩1分/りんかい線「東京テレポート」駅より徒歩約6分
C【竹芝客船ターミナル】:新交通ゆりかもめ「竹芝」駅直結/JR線「浜松町」駅より徒歩8分/都営大江戸線・浅草線「大門」駅より徒歩11分
D【世界貿易センタービルディング シーサイド・トップ展望台】:JR線・東京モノレール「浜松町」駅直結/都営浅草線・大江戸線「大門」駅B3出口直結

ベストセレクトスポット
六本木ヒルズ

クリスマス時期には一段と華やぎをみせる

イルミネーションといえば外せないスポット、六本木ヒルズ。なかでも、六本木ヒルズ森タワー52階に位置する展望施設、東京シティビューからの眺めは絶景。東京タワーやお台場方面の夜景を見渡せるエリアには、「愛す(ICE)スケートリンク〜Gift for lovers〜」が登場(開催は2012年1月15日まで)。日本一の高さにあるスケートリンクなんて、素敵ですね。また、約400m続くけやき坂通りは、白と青の光に包まれています。青色LEDライトを使ったイルミネーション「SNOW & BLUE」はいまや東京を代表するナイトビュースポット。降り注ぐ純白の雪が、青い輝きをともなって光の結晶となった姿をイメージした、ちょっぴり大人顔の光輝く並木道は、【六本木ヒルズ】にぴったりです。


  • 追加料金で行ける屋外展望施設、スカイデッキもカップルに人気
    (写真提供:六本木ヒルズ)

  • 5本のけやきに約52万灯のLEDが輝く
    (写真提供:六本木ヒルズ)

  • 六本木けやき坂通りの上にかかる通路には撮影用の台座があり、多くの人が、けやき坂イルミネーションをバックに記念撮影をしている

※上記写真をクリックすると大きな写真が見れます。

インフォメーション

六本木ヒルズ
所在地 港区六本木6-10-1ほか
交通 東京メトロ日比谷線「六本木」駅1C出口直結/都営大江戸線「六本木」駅3出口より徒歩4分/都営大江戸線「麻布十番」駅7出口より徒歩5分/東京メトロ南北線「麻布十番」駅4出口より徒歩8分
入園料 中学生以上一般150円、65歳以上70円/
20名以上の団体:中学生以上一般120円、65歳以上50円/
小学生以下及び都内在住・在学の中学生は無料(身体障害者手帳、愛の手帳、精神障害者保健福祉手帳または療育手帳掲示者および同伴者は無料)
無料公開日:みどりの日(5月4日)、都民の日(10月1日)
ホームページ http://www.roppongihills.com/
TEL 03-6406-6000ほか

周辺立ち寄りスポット
アークヒルズ

森ビルが手がける「ヒルズ」の原点

1986年、民間初の大規模再開発事業として誕生した、アークヒルズ。職住接近、都市と自然の共生、文化の発信などをテーマに、誕生から25年を迎え、「街」としての楽しさと求心力を持つ施設です。1年を通し魅力的なイベントの舞台となるのが、施設の中央に位置する「アーク・カラヤン広場」。他にも、都心で自然とふれあえる「アークガーデン」、世界屈指のクラシック専用コンサートホール「サントリーホール」など、さまざまな用途で楽しめる施設があります。また、毎週土曜日に開催される、さまざまな産地から集まった質の高い食材を購入できる朝市、「ヒルズマルシェ」も賑わいを見せています。


  • 広場は、サントリーホールの開演を待つ人で溢れている

  • オープンテラスでお茶を楽しむ人々もいる

  • 広場で見られるウインター・イルミネーションはこちら
    (写真提供:アークヒルズ)

※上記写真をクリックすると大きな写真が見れます。

インフォメーション

アークヒルズ
所在地 港区赤坂1-12-32
交通 東京メトロ南北線「六本木一丁目」駅3番出口より徒歩1分/東京メトロ銀座線「溜池山王」駅13番出口より徒歩1分/東京メトロ日比谷線「神谷町」駅4番出口より徒歩8分/東京メトロ千代田線「赤坂」駅5番出口より徒歩9分/東京メトロ丸ノ内線「国会議事堂前」駅3番出口より徒歩10分
所在地 http://www.arkhills.com/
TEL 03-6406-6663

道中路地裏プチコラム
「港区立麻布小学校」一帯

古くは徳川家の屋敷や国内初の私立図書館があった場所

港区立麻布小学校がある一帯は「旧紀州徳川家屋敷跡」であり、国内初の私立図書館である「南葵文庫(なんきぶんこ)」があった場所。さらに、第16代当主・徳川頼貞が国内初の音楽ホール「南葵楽堂」を建てた場所でもあります。これらの建物は、関東大震災で失われてしまいましたが、近代文化の拠点といえる重要な役割を担ったエリアでした。現在のこの一帯には、小学校や幼稚園があったり、ご近所であるアークヒルズにはサントリーホールがあったりと、まるで昔ながらの土地の記憶が、現代にも受け継がれているような気がしますね。


  • 小学校の入口近くには、歴史ある土地を説明する案内板がある

※上記写真をクリックすると大きな写真が見れます。

ページの先頭へ戻る

Welcome港区TOPへ