観光モデルルートWelcome港区

秋を感じる街歩き。紅葉スポット巡り

観光ルート

  1. 芝エリアを歩く
  2. 白金エリアを歩く
  3. 青山エリアを歩く
  4. 赤坂エリアを歩く

観光情報メールマガジン 「Welcome港区」 配信中!

メールマガジンの登録はこちら

この内容は、毎週木曜日にメールマガジンで配信しています。 お役立ち情報が満載!購読は無料です。まだ登録されていない方は今すぐコチラから!

【2】白金エリアを歩く

大使館などが多い白金エリアにも自然豊かな公園があります。ご紹介する【有栖川宮記念公園】は、江戸庭園形式の渓流や池がある美しい庭園です。約6万7千平方メートルの公園内には、モミジやイチョウの木々がたくさん。インターナショナルな雰囲気と紅葉を存分に楽しんでくださいね。

【交通案内】
@【旧芝離宮恩賜庭園】:JR線「浜松町」駅北口より徒歩1分/都営大江戸線・浅草線「大門」駅より徒歩3分/ゆりかもめ「竹芝」駅より徒歩10分
A【有栖川宮記念公園】:東京メトロ日比谷線「広尾」駅1番出口より徒歩3分
B【明治神宮外苑いちょう並木】:東京メトロ銀座線・半蔵門線・都営大江戸線「青山一丁目」駅1番出口より徒歩約5分/東京メトロ銀座線「外苑前」駅4a出口より徒歩約4分
C【赤坂氷川神社】:東京メトロ千代田線「赤坂」駅より徒歩6分/東京メトロ日比谷線・都営大江戸線「六本木」駅より徒歩6分/東京メトロ南北線「六本木一丁目」駅より徒歩5分

ベストセレクトスポット
有栖川宮記念公園

起伏豊かで紅葉あふれる林泉庭園
江戸時代、盛岡南部藩の下屋敷として使われていたこの地は、明治29(1896)年に有栖川宮の御用地となり、大正2(1913)年に高松宮御用地になりました。そして、昭和9(1934)年に東京市に賜与され、【有栖川宮記念公園】として開園しました。麻布台地の変化に富んだ地形を活かし、丘や渓流、池などのあるこの日本庭園では、カエデやモミジの紅葉が楽しめます。また、春にはウメやサクラ、夏にはアジサイなどの花々、そして、冬には雪景色と、四季折々の美しさを堪能できます。


  • 池には、コイやヘラブナなどが泳いでいる

  • 心地いい滝の音を聞きながら、園内散策を楽しみたい

  • 秋が深まると色づいた木々のなかを歩くことができる

  • 階段を上った先には、児童コーナーと広場がある

  • 有栖川熾仁親王の銅像は、大熊氏広の代表作のひとつ

※上記写真をクリックすると大きな写真が見れます。

インフォメーション

有栖川宮記念公園
所在地 港区南麻布5-7-29
交通 東京メトロ日比谷線「広尾」駅1番出口より徒歩3分
営業時間 10:00〜16:30(入館は16:00まで)
ホームページ http://www.city.minato.tokyo.jp/sisetu/koenyuen/koen/azabu/arisugawa/index.html
TEL 03-5114-8803(港区協働推進課)

周辺立ち寄りスポット
大使館密集エリア

大使館の建築デザインを見るのも楽しい
「有栖川宮記念公園」都立中央図書館側の出口を出てすぐの十字路を右に進みましょう。右側に異国情緒たっぷりの建物「アルジェリア大使公邸」が現れます。この辺りには大使館などが多く、隣には「パキスタン・イスラム共和国大使館」、斜向かいには「フィンランド大使館」もあります。パキスタン・イスラム共和国大使館の角を右折し進むと、大きな茶色の建物が見えます。これは、駐日欧州連合(EU)代表部の事務所「ヨーロッパハウス」で、2011年8月にこちらに移転したそうです。そこから明治通り方向へ進むと「フランス大使館」があります。平成21(2009)年に完成したこの庁舎は、雨水を回収できる緑化屋根を採用、また、リサイクル建材やリサイクル可能な建材を多数使うなど、環境に優しい建物になっているそうです。


  • 白と青のエキゾチックな「アルジェリア大使公邸」

  • とてもユニークなデザインの「ヨーロッパハウス」。大きな「EUROPA HOUSE」の文字も

  • 鳥を思わせる折れ曲がったカーブを基調とする「フランス大使館」

※上記写真をクリックすると大きな写真が見れます。

インフォメーション

大使館密集エリア
所在地 港区南麻布3〜4
交通 東京メトロ日比谷線「広尾」駅より約10分

道中路地裏プチコラム
新富士見坂

かつて富士山を眺めることができた場所
「ヨーロッパハウス」近く、三叉路を左に、次の角を右に曲がり坂を下りましょう。この坂は【新富士見坂】といい、明治末から大正ごろに開かれた坂です。港区南麻布4丁目5番と10番の間にある坂道で、富士山がよく見えたためその名が付いたといいます。現在は、この坂から富士山を見ることはできないようですが、高い建物のなかった明治時代頃には、ちょっとした丘に上れば富士山を望むことができたんですね。当時の見晴らしの良さをイメージしてみるのも面白いですね。


  • クランク型になっているめずらしい坂道

※上記写真をクリックすると大きな写真が見れます。

ページの先頭へ戻る

Welcome港区TOPへ