観光モデルルートWelcome港区

日本の宝、東京の宝、港区の宝。指定文化財巡り

観光ルート

  1. 白金台エリアを歩く
  2. 赤坂エリアを歩く
  3. 芝エリアを歩く
  4. 高輪エリアを歩く
  5. 三田・麻布エリアを歩く

観光情報メールマガジン 「Welcome港区」 配信中!

メールマガジンの登録はこちら

この内容は、毎週木曜日にメールマガジンで配信しています。 お役立ち情報が満載!購読は無料です。まだ登録されていない方は今すぐコチラから!

【4】高輪エリアを歩く

次は高輪エリアへ。赤穂義士のお墓があることで有名な泉岳寺へ行ってみましょう。赤穂義士のお墓は港区指定史跡。中門や山門も港区登録有形文化財とされています。他にも境内には、赤穂義士の歴史を色濃く残す見どころがありますよ。高輪エリアは、元々海だった場所でもあります。潮風に吹かれながら、泉岳寺周辺ものんびり歩いてみましょう!

【交通案内】
@【東京都庭園美術館】:JR線「目黒」駅東口より徒歩7分/東急目黒線「目黒」駅正面口より徒歩7分/都営三田線・東京メトロ南北線「白金台」駅1番出口より徒歩6分
A【赤坂氷川神社】:東京メトロ千代田線「赤坂」駅より徒歩6分/東京メトロ日比谷線・都営大江戸線「六本木」駅より徒歩6分/東京メトロ南北線「六本木一丁目」駅より徒歩5分
B【増上寺】:JR線・東京モノレール「浜松町」駅より徒歩10分/都営三田線「御成門」駅・「芝公園」駅より徒歩3分/都営浅草線・大江戸線「大門」駅より徒歩5分/都営大江戸線「赤羽橋」駅より徒歩7分/東京メトロ日比谷線「神谷町」駅より徒歩10分
C【泉岳寺】:都営浅草線「泉岳寺」駅A2出口より徒歩2分
D【慶応義塾大学】:JR線「田町」駅より徒歩8分/都営浅草線・三田線「三田」駅より徒歩7分/都営大江戸線「赤羽橋」駅より徒歩8分

ベストセレクトスポット
泉岳寺

赤穂義士記念館が併設されているお寺
江戸幕府のはじめ1612年に、徳川家康によって外桜田(現在の千代田区永田町)に建立された【泉岳寺】。しかし、1641年の寛永の大火によって焼失してしまい、大名浅野家らにより、現在の高輪の地に移転、再建されました。その縁で【泉岳寺】は、浅野家の菩提寺となります。「忠臣蔵」として今もなお語り継がれている「元禄赤穂事件」で名を残した、播磨赤穂藩の第三代藩主・浅野長矩と、大石内蔵助良雄をはじめとする「赤穂四十七義士」が眠っていることで知られています。これら浅野長矩および赤穂義士の墓は、港区指定史跡に指定されています。


  • 中門は港区登録有形文化財である

  • 中門を抜けると見えてくる山門も、港区登録有形文化財

  • 墓へと続く道の途中にある首洗井戸。吉良上野介義央の首を洗ったとされる

  • 山門の右隣に建つ、大石内蔵助良雄の像。記念撮影を忘れずに

  • 主君・浅野内匠頭とその妻の墓の隣に並ぶ、赤穂四十七義士の墓

※上記写真をクリックすると大きな写真が見れます。

インフォメーション

泉岳寺
所在地 港区高輪2-11-1
交通 都営浅草線「泉岳寺」駅A2出口より徒歩2分
ホームページ http://www.sengakuji.or.jp/
TEL 03-3441-5560

周辺立ち寄りスポット
高輪橋架道橋

高さ170cmもない!? 低いトンネル
泉岳寺交差点と、高輪大木戸跡交差点のちょうど間ぐらいに高輪センタービルという建物があります。その手前の道を右折すると、都内でも珍しい通り「高輪橋架道橋」に出合えます。第一京浜から芝浦水再生センター方向へと抜ける道で、制限高さ1.5mというからすごいですよね! 大人が自転車で走行するのに、頭を引っ込めずにはいられないほどの天井の低さです。200mほど続くトンネルのような通りですので、暗くなる前に歩きましょう。


  • あまりの低さにタクシーが乗車ランプをこすって壊しかねない…ということで「タクシーの提灯殺し」という異名をもつほど

  • 入口付近では、頭上を電車がひっきりなしに行き交い、その車輪の轟音と天井の低さで、スリル満点な気分を味わえる

※上記写真をクリックすると大きな写真が見れます。

インフォメーション

高輪橋架道橋
所在地 港区高輪2丁目と港区芝浦4丁目の間
交通 都営浅草線「泉岳寺」駅より徒歩3分

道中路地裏プチコラム
高輪一丁目の路地裏

高輪の表通りとは違った印象の路地裏散歩
泉岳寺の山門を抜けたら、中門まで行かずに左へ進むと細い道が続いています。「高輪中等学校」と「高輪高等学校」の間の小道をさらに先へ。大きな通りへ出て、その通りを左折すると、すぐに都営高輪一丁目アパート群が見えてきます。ここでおもしろい路地裏をご紹介。子供たちのにぎやかな声がする「港区立高松児童遊園」を直進すると、下り坂が現れます。この道を下っていくと、高輪一丁目エリアの路地裏散歩が楽しめますよ。高輪の表通りとは違った、ゆったりとしたちょっと懐かしい風景が心を和ませます。


  • 児童公園を直進すると、こんな下り坂が現れる(進行方向と逆向きに撮影)。この道を下っていくと…

  • 迷路のように細い路地が入り組んでいて、さらに階段も所々あり、路地裏や坂道が好きな人には、たまらないエリアといえる

※上記写真をクリックすると大きな写真が見れます。

ページの先頭へ戻る

Welcome港区TOPへ