観光モデルルートWelcome港区

夏休みの宿題は港区で!親子で自由研究巡り

観光ルート

  1. 環境・自然を学ぶ
  2. 歴史を学ぶ
  3. 科学技術・産業を学ぶ
  4. メディアを学ぶ

観光情報メールマガジン 「Welcome港区」 配信中!

メールマガジンの登録はこちら

この内容は、毎週木曜日にメールマガジンで配信しています。 お役立ち情報が満載!購読は無料です。まだ登録されていない方は今すぐコチラから!

【3】科学技術・産業を学ぶ

次は、「科学技術・産業」が学べるスポットへ。お子様の自由研究のテーマにも役立てられるテーマです。先端技術と人間生活や社会の進歩がわかりやすく展示される【先端技術館@TEPIA】に向かいましょう。「秩父宮ラグビー場」を過ぎたあたりに近代的なガラス張りの大きなその姿が見えてきます。

【交通案内】
@【芝浦水再生センター】:JR線・京浜急行線「品川」駅東口(港南口)より徒歩15分/JR線「田町」駅東口より徒歩15分
A【旧新橋停車場鉄道歴史展示室】:都営大江戸線「汐留」駅より徒歩3分/東京メトロ銀座線・都営浅草線・新交通ゆりかもめ「新橋」駅より徒歩3分/JR線「新橋」駅銀座口より徒歩5分
B【先端技術館@TEPIA】:東京メトロ銀座線「外苑前」駅3番出口より徒歩4分
C【アド・ミュージアム東京】:JR線・都営浅草線「新橋」駅よりすぐ/東京メトロ銀座線「新橋」駅より徒歩5分/都営大江戸線「汐留」駅よりすぐ

ベストセレクトスポット
先端技術館@TEPIA

先端技術と人間生活や社会の進歩をわかりやすく展示
「もっと輝く未来へ。世界をリードする日本の先端技術」を2011年のテーマに、研究所や大学、企業が開発した先端技術を、原理模型で見たり触ったりしながら学ぶことができます。館内に入ると、ポスターのように薄いスピーカーからアナウンスが聞こえたり、カメラと向き合って、モニターに表示される性別・年代別分析を試したり、コミュニケーションロボットとおしゃべりできたり。このような楽しい展示が目白押しです。館内は、テーマごとに5つの展示エリアに分かれ、順路どおりに歩けば、暮らし・医療・都市・環境・宇宙など、身近なものから壮大なものまで、あらゆる先端技術を体感できます。各エリアにいるアテンダントが、親切に説明してくれるのもうれしい限り。また、ワークショップやサイエンスショーなど、さまざまな体験プログラムもあります。


  • スタジアム通りを歩けば見えてくる【先端技術館@TEPIA】。
    2階にはレストランもある

  • コミュニケーションロボットとの会話を楽しむ子供

  • 笑顔度推定技術であなたの笑顔が何点かチャレンジしてみよう!

※上記写真をクリックすると大きな写真が見れます。

インフォメーション

先端技術館@TEPIA
所在地 港区北青山2-8-44
交通 東京メトロ銀座線「外苑前」駅3番出口より徒歩4分
営業時間 平日10:00〜18:00、土・日曜・祝日10:00〜17:00
休館日 月曜(ただし、祝日・振替休日の場合は開館し翌日休館)
入場料 無料
TEL 03-5474-6128

周辺立ち寄りスポット
東京都観光汽船

水上バスから東京の景色を楽しもう
東京湾や隅田川の優雅な船旅が楽しめる水上バス。浅草方面や豊洲方面へなど、5つのラインがあり、交通機関としても充実しています。それぞれ違う顔をもつ11種類の船があり、見た目にも楽しむことができます。船内でのイベントクルーズ、チャータークルーズ、また、結婚式の二次会やパーティー用の会場としての利用も可能。たまには気分を変えて、都内でクルージングを楽しんでみるのもいいかもしれませんね。


  • 浅草〜お台場間を結ぶ水上バス、
    ヒミコを発見!思わずパシャリ!

  • レインボーブリッジをくぐる頃、フジテレビ本社ビルが正面に見えてくる

  • 日差しの強い夏は、夕涼みがてら乗船するのがおすすめ。
    行き交う屋形船を眺めるのも、また風流で楽しい

※上記写真をクリックすると大きな写真が見れます。

インフォメーション

東京都観光汽船
所在地 台東区花川戸1-1
TEL 0120-977-311

道中路地裏プチコラム
ニューピア竹芝

東京湾を望む絶景を堪能できる
ノースタワー、サウスタワー、ホテル(インターコンチネンタル東京ベイ)とで構成された竹芝客船ターミナルを中心とした施設。天気の良い昼間は潮風が心地よく、東京湾を見渡せることができ、とても開放的です。夜になると、レインボーブリッジやお台場、佃島のビル群のイルミネーションが見渡せ、東京の夜景を独り占めできます。お散歩の合間に一休みするには最適のスポットです。


  • ニューピア竹芝内にある、インターコンチネンタル東京ベイの前は絶景スポット。
    レインボーブリッジをバックに、桟橋を発着する水上バスの往来を眺めることができる

※上記写真をクリックすると大きな写真が見れます。

ページの先頭へ戻る

Welcome港区TOPへ