観光モデルルートWelcome港区

夏休みの宿題は港区で!親子で自由研究巡り

観光ルート

  1. 環境・自然を学ぶ
  2. 歴史を学ぶ
  3. 科学技術・産業を学ぶ
  4. メディアを学ぶ

観光情報メールマガジン 「Welcome港区」 配信中!

メールマガジンの登録はこちら

この内容は、毎週木曜日にメールマガジンで配信しています。 お役立ち情報が満載!購読は無料です。まだ登録されていない方は今すぐコチラから!

【1】環境・自然を学ぶ

まずは、「環境・自然」について学べるスポットへと歩きましょう。私たちの生活には欠かせない水について学ぶことのできる【芝浦水再生センター】と向かいます。あらためて“水”と向き合うことで、普段何気なく消費している水の重要さやその意味を考える、いいきっかけにもなりそうですね。

【交通案内】
@【芝浦水再生センター】:JR線・京浜急行線「品川」駅東口(港南口)より徒歩15分/JR線「田町」駅東口より徒歩15分
A【旧新橋停車場鉄道歴史展示室】:都営大江戸線「汐留」駅より徒歩3分/東京メトロ銀座線・都営浅草線・新交通ゆりかもめ「新橋」駅より徒歩3分/JR線「新橋」駅銀座口より徒歩5分
B【先端技術館@TEPIA】:東京メトロ銀座線「外苑前」駅3番出口より徒歩4分
C【アド・ミュージアム東京】:JR線・都営浅草線「新橋」駅よりすぐ/東京メトロ銀座線「新橋」駅より徒歩5分/都営大江戸線「汐留」駅よりすぐ

ベストセレクトスポット
芝浦水再生センター

私たちの生活をずっと支え続ける施設
港区をはじめ、千代田区や新宿区など、6,440ヘクタール(JR山手線内の広さに相当)もの区域の下水処理を担っている【芝浦水再生センター】。昭和6年から稼動し、私たちの生活をずっと支え続けている重要な施設です。家庭や工場から下水道管を流れて集まった下水は、水再生センターで、ろ過や沈殿などの処理がされます。そして、きれいになった水は海へ放流したり、施設内の機械の冷却やトイレの洗浄水などに使われたりしています。水再生センターでは、その仕組みを実際に見て、わかりやすく学べる施設見学が行われているので、ぜひ参加してみましょう!もっとも身近な環境問題のひとつ“水”について、興味を持つきっかけとなるはずです。


  • 【芝浦水再生センター】の本館。
    見学希望の場合は1週間前までに電話で予約を

  • 下水が入る最初の池「沈砂池」。
    大きなゴミを取り除き、土砂類を沈殿させる

  • 微生物の入った泥を混ぜ、下水中の汚れを分解・付着させる「反応槽」

※上記写真をクリックすると大きな写真が見れます。

インフォメーション

芝浦水再生センター
所在地 港区港南1-2-28
交通 JR線・京浜急行線「品川」駅東口(港南口)より徒歩15分/JR線「田町」駅東口より徒歩15分
営業時間 平日9:00〜16:30 ※見学希望日の1週間前までに申込み
入場料 無料
TEL 03-3241-0944

周辺立ち寄りスポット
芝浦中央公園

スポーツやお花鑑賞など思い思いに自然に触れられる
【芝浦水再生センター】の曝気槽(ばっきそう)の上部に造られた、人工地盤の公園で、A〜C面の3つのエリアからなります。スロープを上り、立ち寄ってみましょう。C面は、本館の向かいにあるテニスコートです。スロープを上った所がB面で、開放的な芝生広場や多目的広場があります。美しいバラ園を見ながら進むと、左へ細長くのびるA面につながります。A面では、季節の花々をあずまやに座ってゆっくりと楽しむことができます。A面を抜けると品川駅側の入り口に。駅から近い便利なロケーションも魅力です。スポーツで汗を流すのも、ゆっくりと自然と戯れるのも、いい過ごし方ですね。


  • 木造遊具のある芝生広場。向こうにレインボーブリッジが見える

  • 多目的広場の脇には、港区の花である美しいバラ園がある
    (見頃は5月中旬と10月中旬)

  • 品川駅側の入り口から眺めると、東京タワーの先端を発見!

※上記写真をクリックすると大きな写真が見れます。

インフォメーション

芝浦中央公園
所在地 港区港南1-2-28
交通 JR線・京浜急行線「品川」駅東口(港南口)より徒歩5分
TEL 03-6400-0032

道中路地裏プチコラム
新芝運河沿緑地

新芝運河沿いに続く遊歩道
新芝運河沿緑地界隈(かいわい)は、江戸時代に月見や海水浴の名所としてにぎわった地域。緑地と遊歩道が続く憩いの空間としてよみがえり、水辺まで階段で気軽に降りることができます。遊歩道に設置されたガス灯は、夕暮れ時に点灯し、あたりはロマンチックな雰囲気に包まれます。トランペット、フルート、サックスを吹いている三人のモニュメント「リバーサイドトリオ」や、季節の草花が美しい花壇を見たり、橋や建物をいつもと違う角度から眺めたりしながら、ゆっくりと散歩を楽しみましょう。


  • 「新芝運河沿緑地」への入り口

  • 護岸が低いので水面が近く感じられる。
    ボランティアの方によって手入れされた花壇が美しい

  • 緑地の終点は新幹線と貨物線の高架下。
    橋や高架をいつもと違う角度で観察してみるのも楽しい

※上記写真をクリックすると大きな写真が見れます。

ページの先頭へ戻る

Welcome港区TOPへ