観光モデルルートWelcome港区

都心のオアシス、みなと名園、庭園巡り

観光ルート

  1. 赤坂エリアを歩く
  2. 白金・高輪エリアを歩く
  3. 麻布・芝エリアを歩く
  4. 南青山・麻布・広尾エリアを歩く
  5. 芝浦・港南・台場エリアを歩く

観光情報メールマガジン 「Welcome港区」 配信中!

メールマガジンの登録はこちら

この内容は、毎週木曜日にメールマガジンで配信しています。 お役立ち情報が満載!購読は無料です。まだ登録されていない方は今すぐコチラから!

【4】南青山・麻布・広尾エリアを歩く

次は、南青山・麻布・広尾エリアへ。都会の真ん中で、観光地さながらの自然が味わえる広大な公園や、子供たちの声が響く、気軽に立ち寄れる公園まで、その種類はさまざま。その日の気分によって、行く公園を変えてみるのもいいですね。今回は、都内有数の自然を誇る庭園、【根津美術館庭園】へと歩いてみましょう。

【交通案内】
@【檜町公園】:東京メトロ日比谷線・都営大江戸線「六本木」駅より徒歩3分
A【東京都庭園美術館】:JR山手線「目黒」駅東口より徒歩7分/東急目黒線「目黒」駅正面口より徒歩7分/都営地下鉄三田線・東京メトロ南北線「白金台」駅1番出口より徒歩6分
B【旧芝離宮恩賜庭園】:JR線「浜松町」駅より徒歩1分/都営大江戸線・浅草線「大門」駅より徒歩5分/新交通ゆりかもめ「竹芝」駅より徒歩10分
C【根津美術館庭園】:地下鉄銀座線・半蔵門線・千代田線「表参道」駅A5出口より徒歩8分
D【芝浦中央公園】:JR線「品川」駅東口より徒歩5分

ベストセレクトスポット
根津美術館

そのままの自然は、都会にいることを忘れさせてくれる
根津美術館は、東武鉄道の社長などを務めた、実業家で茶人の初代・根津嘉一郎の蒐集品を展示するためにつくられた美術館で、1941年に開館しました。今回は、1階の受付を過ぎてすぐに広がる、【根津美術館庭園】に行ってみましょう。庭園の入口を抜けると、まるでどこかの観光地に来たような、緑いっぱいの空間が広がります。整えられた広大な日本庭園の中には、茶室が点在しています。ところどころには、主に日本・東洋の古美術である石造物の蒐集品が置かれ、庭園内には、ひっそりとカフェも併設されています。緑いっぱいの庭園に身を置き、鳥のさえずりを聞きながら、ゆっくりと散策すると、心が洗われていくようです。時に聞こえてくるお寺の「ボーン、ボーン」という鐘の音も幻想的です。庭園内は、起伏に富んでおり、虫も多いため、動きやすい服装でいきたいですね。(※入館料として特別展の場合は1200円、コレクション展の場合は1000円必要となります)


  • 正門からのアプローチにも趣が感じられ、この先にある美術館が楽しみになる

  • 風情ある茶室は、都会の喧噪を忘れさせてくれる

  • ところどころにみられるオブジェ。お気に入りを探してみよう

※上記写真をクリックすると大きな写真が見れます。

インフォメーション

根津美術館
所在地 港区南青山6-5-1
交通 地下鉄銀座線・半蔵門線・千代田線「表参道」駅A5出口より徒歩8分
TEL 03-3400-2536

周辺立ち寄りスポット
笄(こうがい)公園

子供たちが遊ぶ声がこだまする憩いの公園
この公園付近一帯は、今はなくなった「笄橋」にちなんで、「笄町」と呼ばれていました。ちなみに「笄」とは髪の手入れをする道具(かんざし)のこと。天慶の乱(939年)のとき、「笄橋」に関所を設け、交通を阻んだ者に対し、平安末期の源の武将が、刀に差していた笄を証拠として与えて、橋を渡ったという伝説や、国府方(こうがた)が笄になったとか、甲賀組、伊賀組のなまりとか、この地名の起源には諸説あります。昭和45年に港区立公園として開園した公園で、目の前に小学校もあり、木製の複合遊具やブランコなどで元気に遊ぶ子供たちと、ベンチに座ってそれを見守るお母さんたちの姿がよく見られます。


  • 砂場やブランコ、鉄棒などの遊具があるこぢんまりした公園

  • 由来について知っておくと、また違った楽しみ方ができるだろう

※上記写真をクリックすると大きな写真が見れます。

インフォメーション

笄(こうがい)公園
所在地 港区西麻布3-12-1
交通 東京メトロ日比谷線「広尾」駅より徒歩6分
TEL 03-5114-8803

道中路地裏プチコラム
大使館群

実は住宅街の中にあったりもします
大使館が多く存在する港区。散策をしていると、いろんな国の大使館に出合うことができます。意外と路地裏に突如現れることも多い大使館。特に笄公園に近くには大使館が多く、「中華人民共和国大使館」をはじめ、「ラオス大使館」、「ギリシャ大使館」、「ルーマニア大使館」、「ウクライナ大使館」などが点在しています。それぞれの国の国旗や建物の形の形をみながら、散策をするのもおもしろいですね。


  • 裏通り沿いにひょっこりと現れるガーナ大使館

  • ラオス大使館の周辺は、閑静な住宅街

  • 同じく住宅街にひっそりと佇むギリシャ大使館

※上記写真をクリックすると大きな写真が見れます。

ページの先頭へ戻る

Welcome港区TOPへ