観光モデルルートWelcome港区

都心のオアシス、みなと名園、庭園巡り

観光ルート

  1. 赤坂エリアを歩く
  2. 白金・高輪エリアを歩く
  3. 麻布・芝エリアを歩く
  4. 南青山・麻布・広尾エリアを歩く
  5. 芝浦・港南・台場エリアを歩く

観光情報メールマガジン 「Welcome港区」 配信中!

メールマガジンの登録はこちら

この内容は、毎週木曜日にメールマガジンで配信しています。 お役立ち情報が満載!購読は無料です。まだ登録されていない方は今すぐコチラから!

【2】白金・高輪エリアを歩く

次は、白金・高輪エリアを歩きましょう。白金台では緑や花に包まれ、高輪では潮の香りに包まれる、この季節にふさわしい爽やかなお散歩コースです。港区の最西端にある【東京都庭園美術館】へ向かいましょう。入口すぐにチケット売り場があるので、庭園のみ見学したい場合は、入園料(大人200円)を支払い、美術館と庭園へ続く道を進みましょう。美術館に向かって左側が庭園の入口です。(※美術館入館料は展覧会によって異なります)

【交通案内】
@【檜町公園】:東京メトロ日比谷線・都営大江戸線「六本木」駅より徒歩3分
A【東京都庭園美術館】:JR山手線「目黒」駅東口より徒歩7分/東急目黒線「目黒」駅正面口より徒歩7分/都営地下鉄三田線・東京メトロ南北線「白金台」駅1番出口より徒歩6分
B【旧芝離宮恩賜庭園】:JR線「浜松町」駅より徒歩1分/都営大江戸線・浅草線「大門」駅より徒歩5分/新交通ゆりかもめ「竹芝」駅より徒歩10分
C【根津美術館庭園】:地下鉄銀座線・半蔵門線・千代田線「表参道」駅A5出口より徒歩8分
D【芝浦中央公園】:JR線「品川」駅東口より徒歩5分

ベストセレクトスポット
東京都庭園美術館

「芝生広場」「日本庭園」「西洋庭園」の3つのテーマで構成
1933年に建てられた旧朝香宮(あさかのみや)邸をそのまま利用しているのが【東京都庭園美術館】。当時流行していたアール・デコ様式で建てられた邸宅は、内も外も素晴らしく、当時をしのばせます。今回は、その美術館に隣接する庭園を歩きましょう。この庭園は、「芝生広場」「日本庭園」「西洋庭園」の3つで構成されています。「芝生広場」では美術館と芝生の美しいコントラストが楽しめます。「日本庭園」は、池を中心とした回遊式庭園で、茶室もあり、独特の静けさがあります。「西洋庭園」では、秋に数々のバラが美しく咲き誇ります。テーブルとイスがあるので、ゆっくり読書をするのもいいですね。また、【東京都庭園美術館】ではおもしろい試みも行われています。それは、庭園内の写真を撮影して庭園美術館にEメールを送ると平成26年まで公式ホームページに掲載される、というもの。詳しくは、下記ホームページでチェックできます。

http://www.teien-art-museum.ne.jp/garden/photo.html


  • 数々のフランス人デザイナーが参加した美術館の内装デザインも必見!

  • 美術館と庭園の美しいコントラストは、思わずシャッターを切りたくなる

  • 「芝生広場」にある彫刻作品は安田侃の『風』。このほか5点の彫刻も探してみよう

※上記写真をクリックすると大きな写真が見れます。

インフォメーション

東京都庭園美術館
所在地 港区白金台5-21-9
交通 JR山手線「目黒」駅東口より徒歩7分/東急目黒線「目黒」駅正面口より徒歩7分/都営地下鉄三田線・東京メトロ南北線「白金台」駅1番出口より徒歩6分
TEL 03-3443-0201

忠周辺立ち寄りスポット
高輪消防署二本榎出張所

パッと現れるレトロな建物が目を引く
歩道橋が架かった明治学院前交差点を品川方面に歩いていくと、なんともレトロな建物が出現!2011年に“東京都選定歴史的建造物”に選ばれた「高輪消防署二本榎出張所」です。1933年に建てられた消防署は、第二次世界大戦後に流行した“ドイツ表現主義”の建築様式で、そのかわいらしい姿から街のシンボル的存在に。思わず撮影したくなるはずです。


  • 年間1,200人もの人が見学に訪れるという街の人気スポット

※上記写真をクリックすると大きな写真が見れます。

インフォメーション

高輪消防署二本榎出張所
所在地 港区高輪2-6-17
交通 都営浅草線「高輪台」駅より徒歩9分/都営三田線・東京メトロ南北線「白金高輪」駅より徒歩15分/都営浅草線・京浜急行「泉岳寺」駅より徒歩15分
TEL 03-3473-0119

道中路地裏プチコラム
高輪海岸の石垣石

高輪海岸に使われた石垣が出土した史跡
第一京浜の高輪2丁目交差点の角のあたりに、「高輪海岸の石垣石」という史跡の一部があります。石が幾つか積まれているのを発見できるでしょう。傍らの案内板によると、これは江戸時代に築かれた、高輪海岸の石垣に使われていたもので、1995年の発掘調査の際に出土したものだとか。昔この辺りは、間近に海岸が広がっていたのですね。


  • 案内板もチェックして理解を深めよう。さらなる詳細は港区立の港郷土博物館で知ることができる

  • 実際に発掘された現場では、3段の石垣がそのまま残されているそう

※上記写真をクリックすると大きな写真が見れます。

ページの先頭へ戻る

Welcome港区TOPへ