観光モデルルートWelcome港区

お江ゆかりの地を巡るコース

観光ルート

  1. お江を知る入門編
  2. お江にまつわる人々に触れる
  3. 戦勝祈願の地で運気アップ!
  4. お江の最後を辿る

観光情報メールマガジン 「Welcome港区」 配信中!

メールマガジンの登録はこちら

この内容は、毎週木曜日にメールマガジンで配信しています。 お役立ち情報が満載!購読は無料です。まだ登録されていない方は今すぐコチラから!

【1】お江を知る入門編

港区内の桜の名所としても知られる芝の増上寺。この地に眠る女性が今年注目されています。それは、2011年NHK大河ドラマのヒロイン“江”です。江は、織田信長を伯父に持ち、徳川二代将軍・秀忠公の正室、三代将軍・家光公の生母でもあり、大奥を築いたとされる女性。まずは、お江を知る入門編ともいえる【増上寺】を歩いてみましょう。

【交通案内】
都営浅草線・大江戸線大門駅→徒歩5分→@【増上寺】→徒歩8分→A【芝東照宮】→徒歩8分→B【芝大神宮】→徒歩15分→C【我善坊谷坂】→徒歩13分→東京メトロ日比谷線・都営大江戸線六本木駅

ベストセレクトスポット
増上寺と徳川将軍家霊廟

今年注目の女性「お江」が眠る地
徳川家の菩提寺として著名な【増上寺】は、1393年に開かれ、江戸時代に発展した浄土宗大本山です。桜の季節には名所としても知られていますね。大殿の右奥に位置する鋳抜門の奥が【徳川将軍家霊廟】、二代将軍・秀忠公ら六人の将軍の墓所。将軍らの正室たちも祀られています。お江の諡号は“崇源院”と言い、一番右奥にあるのが崇源院と秀忠公の墓です。墓所の一般公開は年に数回ですが、お江が大河ドラマの主人公になったこともあり、今年は特別に4月15日から11月30日まで公開されます。


  • 霊廟を守る荘厳な鋳抜門。葵紋が配され、昇り龍と下り龍が鋳抜かれている

  • 東京タワーをバックにした本堂正面からの眺めは、都内屈指の撮影スポット

  • 境内にひっそりと佇む和宮ゆかりの貞恭庵

※上記写真をクリックすると大きな写真が見れます。

インフォメーション

増上寺と徳川将軍家霊廟
所在地 港区芝公園4-7-35
交通 JR線・東京モノレール・浜松町駅より徒歩10分/都営地三田線・御成門駅より徒歩3分、芝公園駅より徒歩3分/都営浅草線・大江戸線・大門駅より徒歩5分/都営大江戸線・赤羽橋駅より徒歩7分/東京メトロ日比谷線・神谷町駅より徒歩10分
TEL 03-3432-1431

周辺立ち寄りスポット
東京タワー

言わずと知れた東京の名所
【東京タワー】が建つこの地は、二代将軍・秀忠公が江戸城からカエデを移植し、お江のために紅葉山を築いた場所と言われています。都心を一望でき、ライトアップも楽しめる東京タワーですが、いつもと違った角度から芝公園一帯を見下ろせば、増上寺の広さを感じ、当時お江が見た自然の面影を見つけることもできるかもしれませんね。3階の特設会場では、東京タワー「江」展も開催中です(詳細はメールマガジン4月7日配信号のバックナンバー内にあるイベント情報をご覧下さい)。


  • 根元から仰ぎ見る大迫力の東京タワーには感動するはず

※上記写真をクリックすると大きな写真が見れます。

インフォメーション

東京タワー
所在地 港区芝公園4-2-8
交通 都営大江戸線・赤羽橋駅より徒歩5分/東京メトロ日比谷線・神谷町駅より徒歩7分/都営三田線・御成門駅より徒歩6分/都営浅草線・大門駅より徒歩10分/JR・浜松町駅より徒歩15分
営業時間 展望台営業時間/9:00〜22:00(年中無休)
最終入場時間/大展望台(150m)21:45 特別展望台(250m)21:30
定休日 無休
TEL 03-3433-5111

道中路地裏プチコラム
もみじ谷

大都会の真ん中に佇む小さなパワースポット
増上寺を裏手に抜けると、【東京タワー】の足下に小さな渓谷、「もみじ谷」を見つけることができます。名前の通り紅葉がたくさん植えられており、案内板には昭和60年に「もみじの滝」という名前で人工の滝が復元されたと記されています。昔は自然の滝が存在したのでしょうか。大都会の真ん中に小さなパワースポットを見つけたようで、なんだか得した気分になりますね。滝が落ち、紅葉やケヤキの大木に覆われた風景に身を置くと、【東京タワー】の真下であることを忘れてしまうほどの静寂を感じられます。


  • 周りの喧騒とは別世界が広がる「もみじ谷」。木々と水のせせらぎで渓谷を思わせる

※上記写真をクリックすると大きな写真が見れます。

プロイセンの宿寺だった広岳院

広岳院(こうがくいん)は慶應元(1865)年から一時期、プロイセンの宿として利 用されました。プロイセンはこの付近(この一帯は二本榎とよばれていた)の朗惺寺 や承教寺、三田小山の永隆寺などを候補とし、その中から境内の広さや建物の規模な どを考慮して選んだといいます。

現存する広岳院の本堂は、弘化年間の火事の後に再建されたもので、幕末の外国公 館として使われていた建物の現存例としては唯一のものです。

ページの先頭へ戻る

Welcome港区TOPへ