中小企業お役立ち大百科

資金・財務関連TOPへ

連帯保証とは

連帯保証とは保証人が主たる債務者と連帯して債務を負担することをいいます。「迷惑はかけないから形だけ名前を貸して」といわれ、連帯保証の法的知識をもたず、断りきれずに保証人になったばかりに肩代わりして弁済せざるを得なくなったというような話を耳にすることがあります。万一のときに大きな危険を伴いますので連帯保証とは何かを理解したうえで適切な対応が必要です。

人的担保たる保証人には単なる保証人と連帯保証人があり、両者の法的効力には大きな差異があることを知る必要があります。保証するという場合、現実には連帯保証がほとんどです。

保証人と連帯保証人の違い

保証人 権利 連帯保証人
OK 催告の抗弁権
債権者から請求されたとき「先に借り主本人に請求してくれ」といえる
NO
OK 検索の抗弁権
債権者から差押え等を受けたとき「借り主に財産があるのだから、先にそちらから取り立ててくれ」と執行を拒絶できる
NO
OK 分別の利益
他に保証人がいるとき保証人の数に応じて責任が軽減される
NO

保証人は主たる債務者(借り主)が弁済できなくなったことが明らかなときのみ保証責任を負うのに対して、連帯保証人は借り主と全く同じ立場で債務弁済の義務を負います。事実上、連帯保証人が借金したのと同じことになるので注意が必要です。

会社が借り入れる際に連帯保証人となっていた取締役が辞任した場合でも保証責任は継続するので、会社を辞める時点で連帯保証契約を合意解約しておくことが大事です。このことは根保証(継続的な取引関係から生ずる不特定の債務を保証すること)の場合も同じなので注意してください。頼まれて連帯保証人になる場合においても、依頼者は相当逼迫した状態にあり、これを断るのはつらい面もありますが保証できない金額は絶対に受けてはなりません。また会社経営においても、他人の会社のために担保を提供したり保証するゆとりがないときは、情をふり切っても断る勇気が必要となります。

連帯保証人の債務弁済の義務が過重だとして、連帯保証制度の改革を目指す動きもあります。

お問い合わせ・リンク先

東京弁護士会
http://www.toben.or.jp/
東京商工会議所
http://www.tokyo-cci.or.jp/
BACK