中小企業お役立ち大百科

資金・財務関連TOPへ

手形割引とは

手形による資金調達の方法として手形貸付と手形割引があります。
手形貸付とは金融機関を受取人とし、手形(借り手のみが署名・捺印する単名手形)を担保として差入れて借入れる方法です。

手形割引とは資金調達のため金融機関に対し商業手形を譲渡し現金化することをいいます。
即ち、割引とは手形の支払期日まで現金化を待てない場合に、得意先から受取った商業手形を金融機関に売却し現金を入手する方法です。なお、割引料は経理上「手形売却損」として損金処理します。

手形割引の概要    
手形割引枠
(貸付け枠)
の設定
企業と金融機関との間であらかじめ手形割引枠(貸付け枠)を約定しておき、割引枠以内であれば、審査なしでいつでも割引いてもらえます。割引依頼人である企業にとって継続的・安定的に資金調達ができるのでメリットがあります。
   
手形割引 手形割引によって金融機関から受け取る資金は割引料(手形期日までの金利相当分)を差引いた金額になります。割引料は一定ではなく、企業の信用度・手形の信用度・金融機関の資金コスト・取引メリットなどをもとに決められます。割引料率の交渉の際、預金の受取利息を含めた実質金利を考慮することが大事です。
   
手形決済 金融機関は、割引いた手形が期日が到来し決済されたとき、その資金を受け取ることによって返済を受けたことになります。企業は、このとき手形決済分だけ割引枠があくので、あいた割引枠の範囲で再び追加割引ができます。手持ちの各受取手形の支払期日と各月の枠あきの予定を見くらべながら、各月の割引可能額になるべくバラツキが生じないようにすることが大切です。また、割引枠は常に一定ではなく、企業の信用力の騰落や金融情勢の変化によって増枠や減枠となることもあります。

現在、日本経済は長期デフレが続き、立て直しの過程にあるため、金融情勢は依然として厳しい状態にあります。資金繰りを安定化させるためには、金融情勢に応じた資金計画を考えることが必要です。

お問い合わせ・リンク先

東京商工会議所
http://www.tokyo-cci.or.jp/
BACK