中小企業お役立ち大百科

資金・財務関連TOPへ

法定利息とは

法定利息とは法律上認められた利息のことです。金銭の貸借の利息、遅延損害金などで特に利率の定めのない場合にこの利息が適用されます。法定利息には、民法で定められたものと商法で定められたものの2種類があります。それぞれ適用される利率は下表のとおりです。
金銭の貸借における利息に関する法律は、上記、民法・商法の法定利息のほか、利息制限法、出資法の2つの法律が存在し、それぞれ定めがあります。

取引当事者 法律 法定利息の利率(法定利率)
個人と個人の場合 民法 年5%
商人と商人の場合 商法 年6%
商人と個人の場合

商人:会社・個人事業者等

利息制限法と出資法

利息制限法では、定められた利息の上限を超える利息の契約はその超える部分につき無効とされています。

元本 利息の上限利率(制限利率)
10万円未満の場合 年20%
10万円以上100万円未満の場合 年18%
100万円以上の場合 年15%

平成22年6月18日の改正貸金業法の完全施行により、出資法の上限金利は20%に引き下げられ、グレーゾン金利が撤廃されました。改正前の出資法の上限金利は29.2%でした。これまで、貸金業者の場合、この29.2%と利息制限法の上限金利の間の金利帯でも一定の要件を満たすと有効となっていました。これが「グレーゾン金利」です。貸金業者にとって罰則の対象となりませんでした。
グレーゾン金利の撤廃により、金利の上限は利息制限法の上限利率(貸付額に応じ15%〜20%)となり、これを超える金利は無効かつ行政処分の対象、出資法の上限金利を超える部分は刑事罰の対象となります。

お問い合わせ・リンク先

金融庁
http://www.fsa.go.jp/
東京弁護士会
http://www.toben.or.jp/
BACK