中小企業お役立ち大百科

資金・財務関連TOPへ

社債の格付けとは

社債の格付けとは、格付け会社(ムーディーズ、スタンダード・アンド・プアーズなど)が行う社債発行会社の安全性についてのリスク情報をいいます。社債は株式の発行、銀行借り入れと並ぶ企業の重要な資金調達手段ですが、社債を購入する投資家にとってはその企業が適正に利払いや元本償還ができるか、資産内容や業績の安定度などについてのリスク情報が必要です。このリスク情報が格付け会社による社債の格付けです。

この格付けのランクは、最高のトリプルAから最低のシングルCまであり、下位ほどリスクが高いことを表しています。また、一般にダブルB格以下の社債は債務不履行の可能性があり、投機性の高いジャンク債と呼ばれています。社債の利率も、格付けに見合って決められます。一般に信用力が一番高く利回りが低い債券は国債(国が元本を保証するため)です。格付けが低い社債ほど、その国の国債利回りに大幅に上乗せした利率を付けます。この国債利回りとの差をスプレッドといいます。また、格付け会社は国債、公共債にも格付けをしており、数年前には日本の国債の格下げがあり話題となりました。

投資家には、今後もこの格付けを頼りに自分で投資を判断する姿勢が求められてきます。

格付けの概略

お問い合わせ・リンク先

金融庁
http://www.fsa.go.jp/
BACK