中小企業お役立ち大百科

資金・財務関連TOPへ

個人保証とは

個人保証とは、会社が金融機関などから融資を受ける際、不動産などの物的担保以外に経営者本人や家族または第三者を返済の保証人とすることをいいます。また、個人保証のうち保証人の負う債務の限度額や保証期限の定められていないものを包括根保証といいます。

中小企業の約8割は会社が融資をうける際、 個人保証を行っており会社が倒産すると保証人が自宅などの個人財産を売却して借入金を返済し、返済し切れなかったときは破産へと追い込まれます。また、親族などの第三者を保証人としていたときは、これらの人たちも巻き添えにすることになります。このため会社の業績が悪化しても多額の借金を恐れて民事再生法などの法的措置に踏み切れないケースや早期に法的措置をとっていれば再建・再起できたケースなどが多くみられます。

このため法制審議会では平成 17 年の民法の一部改正により、 包括根保証の無効と当初契約時に保証の限度額と期間を明記するなど、保証契約の適正化を通じて、保証人の過度な負担の抑制につながることが期待されています。われわれ中小企業者にとってこの改正は非常に望まれるところです。

CLOの概略

【メインバンクヘの保証提供割合(従業員規模別)】

従業員数 保証提供割合
〜20人 88.0%
21〜100人 86.0%
101〜300人 69.5%
301人〜 38.3%

【メインバンクへ提供している保証人の種類(従業員規模別)】

従業員数 代表者 代表者の
親族
代表者以外の
役員
その他
個人
資本関係の
ある法人
その他
法人
〜20人 84.1% 37.8% 13.3% 2.4% 2.7% 0.4%
21〜100人 81.6% 27.8% 12.7% 1.6% 4.1% 0.5%
101〜300人 66.1% 12.4% 4.3% 1.3% 4.3% 0.4%
301人〜 30.5% 1.8% 2.4% 0.6% 6.6% 1.2%

(2004年度版中小企業白書より)

お問い合わせ・リンク先

法務省
http://www.moj.go.jp/
経済産業省
http://www.meti.go.jp/
金融庁
http://www.fsa.go.jp
BACK