中小企業お役立ち大百科

資金・財務関連TOPへ

民間資金活用とは

中小企業における資金調達は、そのかなりの部分を金融機関からの借入れに依存しています。小規模事業者ほど資金調達しにくいという傾向にあり、高めの金利を受け容れざるを得ないことや、そのほとんどが物的担保のほかに代表者の個人保証など人的担保を求められるのが実状です。

しかし、このような状況の中で中小企業においても工夫と努力によって資金調達をより円滑にすることは可能な時代になりました。以下にいくつかポイントを挙げますが、現状ではその取り組みは必ずしも進んでいるとはいえません。また、借入れに依存するだけでは必ずしも十分とはいえないので、近年はいろいろな資金調達手段の選択と活用の有効性が増してきています。

【多様な資金調達と民間資金の活用】*は民間資金

  • 内部資金・・・内部留保、減価償却費
  • 外部資金・・・借入金(銀行融資*、政府系金融機関、ノンバンク*)、株式発行*、社債発行*、(少人数私募債、公募債など)、コマーシャルペーパー*、企業間信用*、資産売却*、資産証券化*、ファイナンスリース*
    新規事業進出・将来の株式公開を目指す企業についてはベンチャーキャピタルの活用もあります。

港区中小企業の事務取り扱いについては、景気の動向、港区の情勢等をもとに見直しをしていますので、最新の手引きをご利用ください。

資金調達のポイント

お問い合わせ・リンク先

東京商工会議所
http://www.tokyo-cci.or.jp/
BACK