中小企業お役立ち大百科

資金・財務関連TOPへ

信用保証協会とは

信用保証協会とは、中小企業が事業資金を借入れるときに保証人となって借入れをバックアップする公益法人で、各都道府県に1協会ずつ、更に市単位で5協会があります。協会が保証する融資を「マル保融資」ともいいます。

【手続きの流れ】

(1)保証の申込 保証協会または金融機関の窓口へ申し込みます。
(2)保証の認否 保証協会は当該企業の事業の内容や計画などを審査し保証するか否かを決め金融機関へ連絡します。 
(3)資金の融資 保証承認の連絡を受けた金融機関は当該企業へ資金を融資します(実行は保証書の発行から30日以内)。当該企業は支払利息とは別に保証料を支払います。
(4)借入金の返済 融資条件にもとづき返済をしていきます。

万一、返済できないような事故が発生した場合は、保証協会が当該企業に代わって金融機関へ返済します。その後、更に保証協会と相談しながら借入金を返していくことになります。

保証にあたって、対象業種・許認可が必要な業種・資本金・常時使用する従業員数等の条件があり、更に各種保証制度によって資金使途・保証限度額・保証期間・保証料率等が異なるので保証協会に確認してください。

信用保証協会による保証実績と弁済履行実績

  平成17年 平成18年 平成19年 平成20年 平成21年
保証承諾 129,802 136,591 130,273 195,811 166,251
代位弁済 6,871 6,851 7,942 10,358 11,419

(単位:億円)

お問い合わせ・リンク先

東京信用保証協会
http://www.cgc-tokyo.or.jp/index.html
BACK