中小企業お役立ち大百科

資金・財務関連TOPへ

決済用預金とは

決済用預金とは、「利息がつかないこと(無利息)、いつでも払い戻し請求できるもの(要求払い)、振込などの決済サービスに使うことができる」預金をいいます。平成17年4月以降ペイオフが本格実施されていますが、この決済用預金については金融機関が破綻した場合でもその全額が保護されます。

決済用預金に該当する預金は、決済性預金(当座預金、普通預金、別段預金)のうち当座預金、利息のつかない普通預金、無利息・要求払い・決済用3要件を満たす別段預金があげられますが、どんな名称であっても3要件を満たす預金であれば決済用預金として全額が保護されますので、預金利用者としてはどの預金が決済用預金に該当するのか金融機関で確認する必要があります。また、大口の取引を行っている企業等は、安全性の点から決済口座としてこの決済用預金を利用すべきです。

預金別保護の取り扱い

預金等の分類 保護の範囲
預金保険制度の
対象預金等
決済用預金 当座預金・利息の付かない普通預金等 全額保護
一般預金等 利息の付く普通預金・定期預金・定期積金・元本補てん契約のある金銭信託(ビッグ等の貸付信託を含む。) 金融機関ごとに預金者一人当たり、元本1,000万円までとその利息等が保護
預金保険制度の
対象外預金等
外貨預金、譲渡性預金、無記名預金、架空名義の預金、他人名義の預金(借名預金)、金融債(募集債及び保護預り契約が終了したもの)等 保護対象外

金融庁ホームページより

お問い合わせ・リンク先

金融庁
http://www.fsa.go.jp/
BACK