中小企業お役立ち大百科

資金・財務関連TOPへ

REIT(不動産投資信託)とは

REIT(Real Estate Investment Trust)とは、投資家から集めた資金等で賃貸ビル等の不動産を保有し、その不動産から得られる賃貸料や売却益を投資家に配分する金融商品のひとつです。投資家は発行された投資証券等を市場で自由に売買することができます。

不動産を保有している企業は、REITにより不動産の売却を行いやすくなり、資金調達方法の多様化・資産の流動化・経営の効率化等が図れるというメリットがあります。また、投資家としても、資金運用方法の多様化が図れ、配当原資が不動産の賃貸料等であるため安定的かつ相対的に高い配当が得られるというメリットがあります。

しかし、REITはあくまでも市場で取引される金融商品のため価格変動のリスクがあります。現在、東京証券取引所に上場しているREITとしては、森トラスト総合リート投資法人投資証券、野村不動産オフィスファンド投資法人投資証券、東急リアル・エステート投資法人投資証券、ジャパンリアルエステイト投資法人投資証券、日本ロジスティクファンド投資法人投資証券などがあります。

REIT直近の売買高・売買代金

  売買高(千口) 売買金額(億円)
  1日平均   1日平均
H22年3月 696 32 2031 92
H22年4月 789 38 2366 113
H22年5月 593 33 1970 109
H22年6月 688 31 1963 89
H22年7月 710 34 1830 87
H22年8月 545 25 1527 69

(東京証券取引所ホームページ参照)

お問い合わせ・リンク先

東京証券取引所
http://www.tse.or.jp/
BACK