中小企業お役立ち大百科

事業関連TOPへ

会社更生法とは

会社更生法とは、民事再生法と同様に債務者の事業の再生を図ることを目的とする再建手続きですが、申立てをすることができるのは株式会社に限られます。一般には大企業向けの手続きと言うことができます。

ごく最近においても、日本航空やウイルコムの会社更生法申請が社会に衝撃を与えました。
近年は民事再生法の利点(債務者が経営権を失わないことなど)から、大企業においても民事再生法を申請するケースが多くなっています。最近の会社更生法申請では穴吹工務店、日本綜合地所、ダイヤ建設、松本建設、東新住建、真柄建設などの建設・不動産業が多く、また貸金業のSFCGなどがあります。古くは大手百貨店のそごう、スーパーのマイカルなどがあります。

会社更生法は、債権者数が多く負債総額の大きい場合に、多数の関係人の利害調整を要するため、その手続きは非常に複雑で厳格になっています。
具体的には、

  • 会社の経営権は管財人に引き継がれ旧経営陣は経営から離脱する
  • 担保権は全て手続きに取り込まれ手続き外では行使できない
  • 多くの場合は100%減資となり株主は出資の範囲で責任を負う

などの特徴があります。

民事再生手続きの概要

お問い合わせ・リンク先

東京弁護士会
http://www.toben.or.jp/
東京司法書士会
http://www.tokyokai.or.jp/
京地方裁判所
http://www.courts.go.jp/tokyo/
BACK