中小企業お役立ち大百科

事業関連TOPへ

民事再生法とは

民事再生法とは、債務者の事業または経済生活の再生を図ることを目的とする平成11年12月に成立した法律です。

民事再生法では、

  • 破産原因の「おそれ」があれば申立てができる
  • 再生計画の作成は申立て後でよい
  • 債務者が経営権を失わない
  • 減資を行う場合があり株主については出資の範囲内で責任を負う等の特徴があります。

民事再生法は、法人(会社など)、個人ともに対象となりますが、一般には個人や中小企業など、負債の額や債権者が少ない場合に適するとされていますが、近年は前述したような特徴から大企業が申請するケースがほとんどです。

民事再生手続きの概要

お問い合わせ・リンク先

東京地方裁判所
http://www.courts.go.jp/tokyo/
東京弁護士会
http://www.toben.or.jp/
東京司法書士会
http://www.tokyokai.or.jp/
BACK