中小企業お役立ち大百科

事業関連TOPへ

株式交換とは

株式交換とは、会社を簡単に完全子会社(発行株式全部取得)化するための手法として採用されています。具体的には、親会社(完全親会社)となる既存の会社が子会社となる会社の株式を取得し、その見返りに子会社の株主に対し親会社の株式等を交付する手法をいいます。子会社化するのに買収という方法をとると資金調達が必要ですが、この手法によれば株式を交換するだけなので資金を調達する必要はなくなります。この株式交換は、株式会社相互間及び株式会社と合同会社間で行うことができ、完全子会社になれるのは株式会社に限定されますが、親完全親会社には合同会社もなることができます。

株式交換が行われた場合は、完全子会社の株主は株式の譲渡となることから原則として、株式交換時に株式の譲渡損益が発生することとなります。しかし、完全子会社の株主に対して、完全親会社の株式のみを交付した場合は、株式の譲渡損益は繰り延べられ、従って譲渡損益にかかわる課税も繰り延べられます。

最近の事例としては、(株)日立製作所が株式交換により(株)日立プラントテクノロジー及び日立マクセル(株)を完全子会社化しています。

株式交換の概要

お問い合わせ・リンク先

東京法務局港出張所 港区東麻布2-11-11
Tel:03-3586-2181
東京税理士会
http://www.tokyozeirishikai.or.jp/
BACK