中小企業お役立ち大百科

事業関連TOPへ

合併とは

合併とは2つ以上の会社が合体して1つの会社になることです。合併の形態には新設合併吸収合併があります。新設合併とは合併当事会社例えばA社とB社が解散し、新たに設立したC社にA社とB社の権利義務の全部を引継ぐ方式をいいます。一方、吸収合併とは合併当事会社A社とB社のうち何れかが存続会社となり、他方の会社は存続会社に吸収され消滅する方式をいいます。新設合併の場合、既存会社がすべて解散するため、許認可や株式上場承認等を新設会社で取り直さなければならない等の必要があるため、合併の多くは吸収合併が採用されています。また、近年では大銀行の合併に代表されるように、経営戦略の一環としての重要性を増してきています。

最近の大手企業の事例としては、玩具メーカーのタカラとトミーの合併(タカラトミー、2006年)や、JXホールディングスの発足に伴う、新日本石油・新日本石油精製・ジャパンエナジーの合併(JX日鉱日石エネルギー、2010年)、といったものがあげられます。

合併の手続き
  • 合併の基本合意
  • 取締役会
  • 合併契約書の締結
  • 合併契約書等の備置
  • 株主総会の承認決議(省略可能な場合あり)
  • 債権者保護手続き(公告、個別催告)
  • 反対株主の株式買取請求
  • 合併効力発生日の到来
  • 合併登記
  • 事後開示書面の備置

*公正取引委員会への届出が必要な場合もあります。

お問い合わせ・リンク先

東京法務局港出張所 港区東麻布2-11-11
Tel:03-3586-2181
京司法書士会
http://www.tokyokai.or.jp/
東京税理士会
http://www.tokyozeirishikai.or.jp/
BACK