中小企業お役立ち大百科

事業関連TOPへ

SOHO(スモールオフィス・ホームオフィス)とは

SOHOとは、Small Office Home Officeの略です。個人又は少人数で、情報通信技術を活用し、自宅又は小規模な事務所で事業を行っていくという新しい就業形態です。近年、大企業の倒産やリストラ等により日本的経営の特徴であった終身雇用制が崩壊し、また1990年代からのパソコンの飛躍的な普及やそれにともなうインターネット及び情報インフラの整備等とあいまって急速に増加してきたものです。また、SOHOの就業形態は、これまで育児等の事情により就業機会が相対的に少なかった女性の就業機会の拡大をもたらし、さらにSOHOの増加はベンチャーキャピタルやSOHOを支援する人材派遣・斡旋業などの周辺のビジネスチャンスをもたらしています。出勤に起因する時間的、経済的な無駄が省けるという利点がありますが、業務管理やコミュニケーションで問題が生じるケースもあります。

三鷹市においては「情報都市みたか」をめざし、急速に進行する少子・高齢社会の課題を視野に入れつつ、情報通信ネットワーク等の利用環境を整備し、広く市民の知恵の結集と参加を進めるため市民、企業、大学、行政機関等が集まり1998年7月にSOHO CITYみたか推進協議会を設立しています。この協議会は、「SOHOパイロットオフィス実証実験」を実施しSOHOの参加を呼びかけています。このように各自治体においてもSOHOに対する支援体制は拡大しつつあります。

SOHOのイメージ図

お問い合わせ・リンク先

独立行政法人中小企業基盤整備機構
http://www.smrj.go.jp/
SOHO CITYみたか
http://www.sohocity.jp/
BACK