中小企業お役立ち大百科

事業関連TOPへ

個人事業とは

個人事業とは個人が自己の責任において事業を行うことをいいます。開業にあっては、まず、事業計画をたてることが必要です。取り扱う商品やサービスに関する市場動向を十分調査し販売目標をたて、事業にともなう資金計画をたてなければなりません。できれば3年〜5年位のスパンで事業計画をたて毎年見直し、計画の修正を行うことも必要です。また、この中期事業計画をたてる場合には「法人成り」(法人を設立して個人事業を引き継ぐこと)を視野に入れるべきです。

近年開業率の高い業種としては、「IT関連サービス業」「ソフトウエア業」「老人福祉事業」などがあります。

個人事業開業にあたっては税務署や都税事務所等に届出(下記参照)をしなければなりません。特に青色申告承認申請書を税務署に提出し承認を受けると様々な特典を受けることができます。しかし、事業によってはあらかじめ諸官庁から許認可を取得しなければ行えない事業もありますので、事前に調べておくことが必要です。

届出書類の例示
  • 個人事業開廃業等届出書・・・税務署(開業後1ヶ月以内)]
  • 給与支払事務所等の開設届・・・税務署(給与の支払がある場合には開業後1ヶ月以内)
  • 個人事業開始申告書・・・都税事務所(すみやかに)等
個人事業と法人事業の比較

お問い合わせ・リンク先

芝税務署 港区芝5-8-1
Tel:03-3455-0551
港都税事務所 港区芝5-36-5
Tel:03-3453-3211
東京税理士会
http://www.tokyozeirishikai.or.jp/
BACK