中小企業お役立ち大百科

労働・社会保険・年金関連TOPへ

就業規則とは

就業規則とは、労働条件や服務規律などを文書にして具体的に定めたものです。常態として、労働者(正社員、パートタイマー、アルバイトなどすべて)を10人以上使用している事業場では、使用者は就業規則を作成して、労働基準監督署に届け出なくてはなりません。また、変更した場合にも届け出る必要があります。届け出る場合、従業員代表の意見書(あくまでも意見書であり、同意する必要はありません)を添付しなければなりません。

就業規則には、始業・終業の時刻、休日、賃金、退職に関する事項など必ず記載しなければならない事項と、定めをする場合には記載する必要がある事項があります。記載するように定められた事項以外は任意ですが、労働基準法その他の法律や労働協約に反する規則は認められず、法令の基準に達していない部分は無効となり、その法令が適用されることになります。

就業規則に関する書籍はたくさん出版されていますし、労働基準監督署でもモデル就業規則を配布していますから、参考にしてください。

必ず記載する必要がある事項
  • 始業及び終業の時刻、休憩時間、休日、休暇など
  • 賃金の決定、計算及び支払いの方法、賃金の締切り及び支払日並びに昇給に関する事項
  • 退職に関する事項
定めをする場合に記載する必要がある事項
  • 退職金に関する事項
  • 臨時の賃金等及び最低賃金に関する事項
  • 安全衛生に関する事項
  • 災害補償に関する事項
  • 表彰及び制裁に関する事項

など

出所:厚生労働省(パートタイム労働法のあらまし)より

お問い合わせ・リンク先

厚生労働省ホームページ
http://www.mhlw.go.jp/
(社)全国労働基準関係団体連合会
http://www.zenkiren.com/
東京労働局 労働基準部
Tel:03-3814-5311
http://www.roudoukyoku.go.jp/
BACK