中小企業お役立ち大百科

労働・社会保険・年金関連TOPへ

年俸制とは

従来型の年功賃金に代わる賃金制度として採用されている年俸制は、労働者本人と上司が話し合いにより毎年の賃金額が変動するところに特徴があります。前年の個人の成績により賃金が増減することで、総額賃金が会社の業績にかかわらず増加することを防ぐことが大きなメリットといえます。実態は総人件費を減少するために採用されているようです。しかし、成績が賃金額に直結するわけですから、労使ともに納得のできる合理的な評価制度が必要となり、その運用の公正さが課題となります。

実際に導入するには就業規則や賃金規定の変更が必要となります。また年俸制といっても、時間外の労働に対しては割増賃金の必要があることから、その適用範囲を労働時間の規制が適用除外となる管理監督者に限定して採用するケースも多いようです。なお、賃金の支払いは、労働基準法24条2項により最低月1回の支払いが必要ですから、年俸額を月々に分割して(一部を賞与に振り分けることもある)支払わなくてはなりません。

年俸制導入状況

年俸制の導入状況別企業数割合(厚生労働省「就労条件総合調査」平成18年)

(単位:%)

企業規模 全企業 年俸制を
導入して
いる企業
年俸制を
導入して
いない企業
導入を
予定
している
導入を
検討
している
導入予定は
なく検討も
していない
適用
労働者数
割合
100.0 17.3 82.7 0.5 7.4 74.9 17.3
1,000人以上 100.0 37.1 62.9 0.8 7.0 55.1 14.1
300〜999人 100.0 31.0 69.0 0.5 6.1 62.4 15.9
100〜299人 100.0 20.5 79.5 0.7 6.6 72.3 19.7
30〜99人 100.0 14.4 85.6 0.4 7.7 77.4 30.8

※年俸制を採用する企業は、大企業を中心に年々増加しています。

お問い合わせ・リンク先

東京労働局
Tel:03-3814-5311
http://www.roudoukyoku.go.jp/
三田労働基準監督署 港区芝 5-35- 1 産業安全会館
Tel:03-3452-5473
BACK