中小企業お役立ち大百科

労働・社会保険・年金関連TOPへ

雇用関係の助成金とは

産業構造の変化や経営環境の変化に対応して、新規創業や事業の安定を援助し、雇用を確保するため、中小企業庁、経済産業省や厚生労働省は多くの資金援助の施策を打ち出しています。その中でも助成金と呼ばれるものは返済の必要がなく 、受給条件に合致すれば、会社の存続を左右するほどの非常に有効な制度です。ただし、助成金を受給するためには、労務管理体制を整備しなければなりません。また、申請から実際の受給までには半年近くを要するものが多く、短期の資金繰りに利用するには現実的ではありません。

申請には申請書や多くの添付書類の作成が必要で、助成金によって申請先もまちまちです。申請にはかなりの労力がかかりますが、自社で申請することができない場合には、助成金申請の代行を業とする専門家を利用する方法もあります。

助成金の種類
雇用を維持する場合の助成金 雇用調整助成金など
新たな雇い入れを行う場合の助成金 特定求職者雇用開発助成金など
再就職の支援を行う場合の助成金 労働移動支援助成金など
創業を行う場合の助成金 自立就業支援助成金など
能力開発を行う場合の助成金 キャリア形成促進助成金など
雇用管理の改善などを行う場合の助成金 中小企業雇用安定化奨励金など

お問い合わせ・リンク先

厚生労働省ホームページ
http://www.mhlw.go.jp/
ハローワーク品川
Tel:03-3450-8609
中小企業庁ホームページ
http://www.chusho.meti.go.jp/
経済産業省ホームページ
http://www.meti.go.jp/
雇用・能力開発機構ホームページ
http://www.ehdo.go.jp/
(財)高年齢者雇用開発協会
Tel:03-5223-3400
(財)21世紀職業財団
Tel:03-5844-1665
BACK