中小企業お役立ち大百科

労働・社会保険・年金関連TOPへ

雇用保険とは

雇用保険は一般に失業保険とも呼ばれ、労働者が失業しているときに求職中の生活費を援助する目的で求職者給付が行われます。原則的にすべての事業(農林水産業で雇用労働者が5人未満の個人事業を除く)が適用されます。65歳になる前から引き続き雇用されている65歳以上の労働者を高年齢継続被保険者といい、保険料は免除されます。

求職者給付(失業保険)を受給するには、失業したときから遡って最低6カ月間保険料を納めていることが必要ですが(短時間労働被保険者は12カ月)、失業者に労働の意思と能力がなければ(働ける状態にあり、働きたいと思っている)受給することはできません。受給できる日数は、失業したときの年齢と被保険者であった年数によって異なります。また、自己都合で離職したときは3カ月間支給が停止されます。

雇用保険・求職者給付の所定給付日数

倒産・解雇等による離職者(特定受給資格者及び特定理由離職者※1 ただし、就職困難者を除く)

区分 被保険者であった期間
  1年未満 1年以上
5年未満
5年以上
10年未満
10年以上
20年未満
20年以上
30歳未満 90日 90日 120日 180日 -
30歳以上35歳未満 90日 180日 210日 240日
35歳以上45歳未満 240日 270日
45歳以上60歳未満 180日 240日 270日 330日
60歳以上65歳未満 150日 180日 210日 240日

倒産・解雇等以外の理由による離職者(※1以外の離職者 ただし、就職困難者を除く)

区分 被保険者であった期間
  1年未満 1年以上
5年未満
5年以上
10年未満
10年以上
20年未満
20年以上
全年齢 - 90日 120日 150日

※最近、失業率の高止まりにより、雇用保険の原資が減少し、自己都合による離職者への給付日数や給付日額が減らされています。

お問い合わせ・リンク先

ハローワークインターネットサービス
http://www.hellowork.go.jp/html/info_1_h.html
ハローワーク品川
Tel:03-3450-8609
BACK