中小企業お役立ち大百科

販売時点情報管理システム

 販売時点情報管理システム(POS)は「point of sales」の略語で、POSシステム、POSレジシステムとも呼ばれ、物品販売の売上実績を単品単位で集計する販売時点情報管理のことです。POSシステムとは、売上を商品別に集計し、その集計結果に基づいて、代金清算、売上げや在庫を管理したり、分析するシステムです。POSシステムは、連携する周辺機器を総称して呼ばれることもあります。例えば、発注システム、在庫管理システム、売上管理システムなど、お店のオペレーションを連携させ、本社も含めた情報の一元管理するシステムをさす場合もあります。このシステムでは、複数店舗の情報も、リアルタイムで情報共有できます。最近では、タブレットなどを利用して、POSシステムを低コストで簡単に導入できるようになってきています。また、クラウド上のサーバーを利用したPOSシステムも普及してきています。

1.POSシステムの機能

 POSシステムは、代金清算、売上げや在庫管理等多様な機能を持っています。具体的には、売上げの登録機能、お釣りの計算機能、決済機能、売り上げ分析機能、売上ジャーナル機能、商品情報登録機能、顧客情報登録機能、勤怠管理機能、オーダー管理機能、在庫管理機能、予約管理機能、ECサイト連携等の機能を持っています。

2.POSシステムの種類

 POSシステムには、ターミナル型POSシステムやタブレット・スマートデバイス型POSシステムの種類があります。ターミナル型POSシステムは、スーパーマーケットやコンビニなどで利用されているようなPOSシステムです。パソコンのOSをPOSシステムとして利用しているPOSシステムはパソコン型POSシステムと呼ばれます。売り場を移動して会計できスーパーや飲食店で利用されるPOSシステムはハンディターミナル型POSシステムと呼ばれます。タブレット・スマートデバイス型のPOSシステムはタブレット・スマートデバイス型POSシステムと呼ばれます。クラウド上でインストールしたり、ASP型など低コストで運用開始できる事が特徴になっています。

3.POSシステムの動向

 2010年頃、タブレット型のPOSシステムが低価格で売り出され、小売店や飲食店などがPOSシステムを導入し始めました。その後、無料のPOSシステムが複数登場し、普及が進みました。最近では、飲食店や小売店でもタブレット型のPOSが多く導入されています。タブレットPOSシステムには、コスト削減、豊富な管理機能、充実した分析機能、プロモーションツールとしての活用、持ち運びができ、すっきりしたレジ周りを実現、アルバイトでも簡単利用、ECサイトとの連動、機能追加しやすい等の面で多くのメリットがあります。

BACK