中小企業お役立ち大百科

インターネットでのマーケティング

 インターネットでのマーケティング(WEBマーケティング)とは、インターネット上で行うマーケティング活動全般のことです。具体的には、自社のホームページやインターネットサイトにおいてお客様へ商品やサービスの宣伝、啓蒙、普及活動等を行うことをさします。ネットマーケティングと呼ばれることもあります。インターネットでのマーケティングでは、集客、接客、再来訪の各段階別に色々な施策があります。

1.サイトへの集客

(1)検索エンジンを用いた広告(SEO)

 SEOとは検索エンジン最適化(Search Engine Optimization)のことで、検索サイト等で検索されやすくし、サイトへのアクセス数の増加を図る施策です。即効性は低いですが、長期的にお客様のサイトへの流入が増えることが期待でき、お客様を獲得するうえでは重要な施策です。

(2)ソーシャル・ネットワーキング・サービス広告(SNS広告)

 SNS広告とは、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)での広告です。有料ですが、細かな条件設定により精度の高いターゲティングが可能で、すぐに広告を発信でき、即効性が期待できます。

(3)検索結果画面に表示される広告(リスティング広告)

 リスティング広告とは、検索サイト等の検索結果のページに表示される広告で、即効性が期待できます。事前にターゲット、条件等を指定でき、お客様がクリックした数に応じて料金が発生します。

(4)アドネットワーク広告

 アドネットワーク広告とは、Web上の媒体に、バナー広告やテキスト広告を配信できるサービスです。

(5)ソーシャルメディアマーケティング

 ソーシャルメディアマーケティング(SMM)とは、SNSを運用して直接に継続的にお客様へ訴求し集客へつなげる施策です。口コミ、拡散も期待できます。

2.サイトでの接客、収益化

(1)インターネット広告からつながるページの最適化(LPO)

 LPOとは、ランディングページ最適化(Landing Page Optimization)のことで、リスティング広告等を見てクリックした後につながるサイトの入口のページを最適化するための施策です。

(2)サイトでの入力フォームの最適化(EFO)

 SNS広告とは、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)での広告です。有料ですが、細かな条件設定により精度の高いターゲティングが可能で、すぐに広告を発信でき、即効性が期待できます。

3.サイトへの再来訪、リピート率向上

(1)メールを利用したマーケティング(メールマーケティング)

 メールマーケティングは、お客様へメールを配信しマーケティングを行う施策です。お客様全員へ同じメールを配信するのではなく、お客様に最適な個別のメールの内容を最適なメール配信のタイミングで配信することで、マーケティングの目的を達成を図ります。具体的には、サイトで獲得した既存のお客様に対して新製品の案内やサービスの拡充等をメールで案内します。

(2)リターゲティング

 リターゲティングは、一度サイトへ来たことのあるお客様はサイトへの関心度が高いので、そのお客様へ広告を配信して再来を促すための施策です。

 その他、インターネットでのマーケティングには、インターネット上のお客様へのアンケート調査を通じて市場調査を行う活動、自社ブログ等で商品のPRを行ったり商品の改善点に関する意見をお客様から集めて双方向的なコミュニケーションを取ることなど多様な施策があります。

BACK